SteamゲームアワードにVR対応ゲーム2作がノミネート

ゲーム配信プラットフォーム「Steam」が開催しているゲームアワードに、VR対応ゲームである『Tabletop Simulator』と『Keep Talking and Nobody Explodes』がファイナリストとしてノミネートされたこと明らかになりました。受賞作はユーザー投票の後、結果発表されます。

『Tabletop Simulator』

『Keep Talking and Nobody Explodes』

Steamの運営会社であるValveは、Steamのオータムセール期間中、今回初めて実施されるSteamアワードのために好きなゲームを投票するように呼びかけました。

ファイナリストの全タイトルも現在Steamで発表されています。タイトルは今年のリリースに限定されていないため、『Age of Empires II』のような古典と並んで、これら2つのVR対応タイトルがリストに並んでいます。

『Keep Talking and Nobody Explodes』は、爆発を最大限に活かした作品に贈られる「Boom Boom賞」にノミネートされ、『Tabletop Simulator』は、Steam Workshopで何千ものボードゲームやカードゲーム、伝統的なロールプレイングゲームまで、数多くの卓上ゲームを利用できる内容から「ゲームの中のゲーム賞」にノミネートされました。

両作品ともにHTC Vive対応となっており、『Keep Talking and Nobody Explodes』はOculus RiftとOSVRもサポートしています。

Steamアワードの投票は現地時間12月22日から29日まで、各カテゴリで1日ごとに行われます。 ユーザコミュニティで提案された4つのカテゴリの投票は30日に実施され、大晦日に受賞者が発表されます。

(参考)

First Ever Steam Awards Finalists Include Two VR-enabled Games

http://www.roadtovr.com/first-ever-steam-awards-finalists-include-two-vr-enabled-games/

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ