モモを触ったり、抱いたり ポストペット新タイトル『PostPetVR』発表 クラウドファンディングが開始

So-netが提供するポストペットは、2017年1月に20周年を迎えます。その一環として展開される20周年アニバーサリー・プロジェクトの一貫として、ポストペットの新サービスである『Postpet VR』の開発が進められていることがわかりました。

https://www.youtube.com/watch?v=b7OKuu1tBxQ

現在、Campfireにてクラウドファンディングプロジェクトが進行中です。

ポストペットVRの開発を手がけているのは、ポストペットの生みの親でありメディアアーティストの八谷和彦氏率いるペットワークス社

インターネット黎明期を支えたポストペット

ポストペット(ポスペ)は、1997年に登場し大ヒットしたメールソフト。ペットがメールを運ぶというコンセプトで大ヒットとなりました。当時はインターネットの普及率が10~15%、ダイヤルアップ回線が主流という時代。ポストペットはインターネット黎明期を支えてきました。

その後もウェブ版などに展開し、1,500万人以上の累計使用者がいるサービスです。

東京体育館で開催された記者会見では20周年アニバーサリー・プロジェクトとして、ビジュアルやロゴ、原宿カルチャーの発表とともに、新サービスとして『Postpet VR』のプロジェクトが発表されました。

PostPet VRを発表する八谷和彦氏

開発を手がけるのはポストペットの生みの親でありメディア・アーティストの八谷和彦氏が率いるPostworks社。今回発表された『Postpet VR』は、Mac版の『PostPet V3』の世界に入れるというもの。ペットを触ったり、抱いたり、一緒に遊ぶこともできるようになり、過去のメールを運ぶなどといったことも可能になります。

『PostPet V3』

あなたは紙袋をかぶったキャラクター「アンノウン」となってペットたちの住む家の中に入り、ペットたちにおやつをあげたり、なでたり、抱っこしたり、抱っこされたり、遊んだり、洗ったり、自分で手紙を運んだり※、そんなことを楽しむアプリケーションになる予定です。

※「手紙を自分で運ぶ」機能の実装は、スマホ版の開発が正式に決まってからの実装になります。

また、「ドクターコース」をご支援していただいた方のペットデータをPostPetVRに移植し「VR空間内で、自分のペットと会える」ことを目標にしています。

ークラウドファンディングページ

対応予定のデバイスはHTC Vive、Oculus Rift(Oculus Touch)。目標額まで集まらなかった場合でもベータ版までは開発を行うとのこと。また、ベータ版の先行体験会が2017年3~4月に開催されます。クラウドファンディング参加者が対象。

今回のクラウドファンディングの資金は『PostPetVR』の先に考えているスマホ版の開発と日本各地での体験会の実施に充てるとのことです。

クラウドファンディングでの出資は5,000円から。コースによってはダウンロード権だけでなく、ラバーストラップやぬいぐるみなどポストペットグッズもリターンとして用意されています。

発表会では八谷氏から、例えばスマホから自分のペットを送ったらVRの中で会える、というような展開も技術的には可能で実現できたらいいのではないか、とのコメントもありました。

今後、開発の状況が気になるところです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/