VRでダンスダンスレボリューションをやってみた動画が公開。VRで遊ぶ音ゲーとは?

踊る音ゲーと言えば、ゲームセンターに置かれているダンスダンスレボリューション(DDR)が有名です。DDRは1988年にコナミが稼働を開始して以来、国内外で人気を誇っています。
このDDRをVRでプレイしてみた動画を海外の開発者Corey Drake氏がYotuubeに投稿しています。

こちらのコンテンツは『Oculus Oculus Revolution』と呼ばれUnityを使って作られています。

家庭用に販売されているダンスマットをArdinoを使って接続し、プレイヤーはVR内で色々な妨害を受けながらも踊り続けれなければいけないというもの。
踊りはかなり激しくなるため、Oculus Riftを固定できるようにストラップを強化したり、コードが絡まらないようにする工夫も必要だったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=D4xVTOBDEPo

他にも曲に合わせて様々なエフェクトが現れたり、ダンスをしているステージが変わったりするとより一層面白くなりそうです。Drake氏は、今後ギターコントローラーを使ったり、マイクも接続する予定とのことです。

VRで遊ぶ音ゲーは他にも、『Holodance』と呼ばれる、3次元でリズムに合わせて流れてくるボールにタッチしていくゲームが開発中です。『Holodance』は現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで、資金を募集中です。

https://vimeo.com/135357983

また、Oculus Riftのヘッドトラッキング機能を利用し、リズムに合わせて首を振るというVRゲーム『A Night at the Roculus』もありました。

リズムに合わせて頭を振るVRゲーム『A Night at the Roculus』の中毒性が高かった / もぐらゲームス

https://www.youtube.com/watch?v=M7rJApRys-o

音楽のリズムに合わせて身体を動かす音ゲーは、VRで遊ぶことによってさらに音楽の世界に浸ることができるようになりそうです。まだ一般に配布されているものは少ないですが、今後もどのような体験が登場するのか楽しみです。

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/