マイクロソフト、PCメーカー各社よりVRヘッドセットを展開することを発表 価格は299ドルから

マイクロソフト VRヘッドセット

マイクロソフトはハードウェアの発表イベントにて、大手PCメーカー各社からVRヘッドセットを発売することを発表しました。

この枠組みに参加するのは、HP、Lenovo、Dell、ASUS、Acerの5社。Windows 10のクリエイター向けの一貫として発表されました。価格は299ドル(約3万円)から。

マイクロソフト VRヘッドセット

発表からは、このデバイスはPCに接続して駆動すること。6軸自由度センサーによるヘッドトラッキングとインサイドアウト方式のポジショントラッキングができます。

マイクロソフトは、Windows10がOculus Riftを公式サポートし、全てのOculus RiftにはXbox Oneコントローラーが付属するなど、Oculusとの関係性を深めてきました。今回の発表でマイクロソフトのテリー・マイヤーソン氏は「市場に出回っている他のあらゆるVRヘッドセットと違い、特殊な部屋や複雑なセットアップを必要としません。他の500ドル以上しながら、没入感の低いVRヘッドセットと比べ、新たなハイエンドなデバイスが求められています」と述べています。

また、2016年6月のE3では、Xboxの新型であるProject Scorpioを発表し、家庭用ゲーム機で高品質なVR体験をするとしています。今回発表されたデバイスとProject Scorpioとの関係については不明です。

Facebook(Oculus)、HTCとValveに加え、マイクロソフトが参入することでハイエンドなVRヘッドセット市場が活性化することは間違いないと考えられます。

(参考)
http://uploadvr.com/microsoft-fires-shots-rift-vive-calls-less-immersive-partner-headsets/

http://uploadvr.com/microsoft-reveals-300-vr-headsets-3d-windows-push/

http://www.roadtovr.com/microsoft-reveals-vr-headsets-coming-from-top-manufacturers-starting-at-299/

※Mogura VRはUploadVR、Road to VRのパートナーメディアです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/