カヤック、ハノイの子会社でVR素材制作受注を開始

2016年8月5日、株式会社カヤックの連結子会社であるカヤックハノイは、VR素材制作の受注を開始することを発表しました。あわせて、コーポレートサイトのリニューアルも行われました。

image01 copy

カヤックはこれまで、Gear VR向けゲーム『Little Witch Pie Delivery』の配信や、Oculus Rift向けVRコンテンツ『シドニアの騎士』、またスクウェア・エニックスのスマートフォンゲーム『乖離性ミリオンアーサー』の展示用VRデモなど開発しており、VRに積極的に取り組んでいます。また、カヤックのVR制作を紹介するWebサイト「VR部」をGoogle CardboardなどスマホVRに対応させることも行ってきました。

こういったVRへの取り組みの中で、カヤックハノイは2016年2月よりカヤックグループ傘下として、主にカヤックの自社ゲームや受託コンテンツの素材制作に関するオフショア開発拠点として機能しており、現地採用エンジニアによるCG素材制作を強みとしているとのこと。

また、受託・自社コンテンツにおいて実績を有するカヤックのVR専門チーム「VR部」と連携することで、CG素材制作からVRシステム開発までワンストップで制作可能な体制も整っています。ゲームを中心に培ったCG制作ノウハウを活かし、目的に合わせて最適なVRコンテンツ向け素材を提供するとのことです。

image00 copy

制作費の一例については、下記となっています。

●キャラクターモデリング・モーション一式: 15営業日 15万円
●背景素材モデリング: 20営業日 15万円

カヤックハノイは今後、公式サイトにおいてVR開発メニューや事業展開を発信していく予定とのことです。

(参考)
カヤックのベトナム子会社が本格始動!VR制作ならおまかせを!
https://www.kayac.com/news/2016/08/kayachanoi_vr
カヤックハノイ コーポレートサイト
https://kayac.vn

この記事を書いた人