AmazonもARに参入か。メガネを使わないARシステムの特許を取得

米Amazonが、AR(Augumented Reality)に関する2つの特許を取得していたことが明らかになりました。ARは現実世界に様々な情報や物を表示する技術です。

多くのARデバイスは眼鏡型ですが、Amazonが取得した特許の1つによると、頭部になんらかのデバイスを装着するようなものではありません。図を見ると、天井から光線によって投影を行っています。特許には「コンピューター制御されたプロジェクターとイメージシステムにより、イメージを部屋にある様々な物体に投影しそのイメージや物とユーザーがインタラクションなやりとりをすることができる」と記されています。

image201512031903411

もう一つの特許は、ジェスチャーによってコンピューターとのインタラクションを可能にするトラッキングの仕組みに関するものです。この仕組みにより、身体の動きによってARのシーンを操作することができるようになります。

ARの分野にはマイクロソフトがHoloLensという眼鏡型のデバイスを開発しています。
Amazonの仕組みはこういった仕組みとは異なるものです。製品化や市場投入については一切の情報がありませんが、AR技術は実用性も高く、生活を大きく変える可能性があります。引き続き注目したいですね。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/