デイリーランキング

オープンワールドゲーム「クラフトピア」VRM形式の公式対応を予告

ゲーム・アプリ

2020/09/28 11:45

ジャンプっぽいオリジナルキャラを作ろう!「ジャンプメーカー」公開

話題

2019/12/19 18:26

【ドラクエウォーク】「導きの英雄たち」第3章スタート。様々な新要素も登場

ドラクエウォーク

2020/09/28 18:42

YouTube 総勢26名VTuber参加の「Fall Guys」イベント開催

VTuber

2020/09/23 15:20

思わず絶賛 ユーザー視点から「Oculus Quest 2」をレビューしてみた

Oculus Quest

2020/09/24 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

手にスマホをかざすと…?自由自在に操れるAR人形

米サンディエゴを拠点に活動する2020CV社は、CEOであるHart Woolery氏のTwitterアカウントにて、AR表示したパペット(操り人形)を自由に操ることができるアプリ「YOPUPPET」のデモ動画を公開しました。

ディープラーニング(深層学習)を用いた本アプリは現在未配信ですが、iOS及びAndroidのスマートフォンやタブレットでの利用可能になる予定とのことです。

デモ動画では、まず対象となる手と指、腕をトラッキングしていることを示すカラフルなラインが表示されています。

その後うさぎのような姿をしたARパペットが手全体を覆うように現れます。

このARパペットは、手と指の動きに連動しているので、手を右や左に動かせば、同様にARパペットも右や左に動き、画面に近づけたり遠ざけたりするとARパペットが大きくなったり小さくなったりします。また、指を閉じたり開いたりすることで、ARパペットの口が閉じたり開いたりするなど、まるで本物のパペットを操っているかのようです。

同ツイートの返信欄には興味を持つフォロワーからのフィードバックに、開発者であるWoolery氏が回答しています。あるフォロワーから、アニメーションを作ることができるようにARパペットの背景を差し替えるというのはどうか、というアイデアに対し、「そういった機能も構想の中にある」ことを明かしていました。

2020CVは以前、映画「スター・ウォーズ」に登場する光る剣「ライトセイバー」を、髪を丸めるだけで簡単に再現することができるARアプリ「InstaSaber」を公開しています。

紙を丸めてライトセーバーが!?ARアプリ『InstaSaber』 | Mogura VR

紙を丸めてライトセーバーが!?ARアプリ『InstaSaber』 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Twitter – Hart Woolery(2020CV)2020CV


Re:AcT所属のVTuberのバレンタイングッズ&ボイスが2月13日発売!当日は豪華ゲストを交えた特別生放送も

2019/02/11 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

VRで銃の反動をリアルに感じられるようになるデバイス「ForceTube」

2019/02/11 19:30 話題
VR/AR/MR 用語集