デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】10月下旬までの期間限定ミッションが追加!

ゲーム・アプリ

2019/10/15 19:00

移植は困難?Oculus Quest/Go版「マイクラ」開発者がコメント

ゲーム・アプリ

2019/10/14 19:00

新作VRリズムゲームの運動量 性行為の2倍のカロリー消費

ゲーム・アプリ

2019/10/13 19:30

あの死闘をVRで体験せよ 「プレデターVR」登場

ゲーム・アプリ

2019/10/14 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月5日~10月11日)

VTuber

2019/10/14 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VTuber制作ツール「Vカツ」公開2日で1万DL突破 記念に猫耳配布

VRゲーム専門ブランドのIVRは、2018年8月1日18時にSteamにて配信したばかりの無料配信ソフト「Vカツ」のダウンロード数(DL数)が1万を超えたことを明らかにしました。「Vカツ」は3Dアバター作成ツールです。バーチャルYouTuber(VTuber)を作成し、動画や生放送に使用することができます。その勢いには、2017年末から続くVTuberブームの熱気を反映させる勢いを感じさせます。

VTuber制作のハードルを一気に押し下げる「Vカツ」

「Vカツ」は、3Dキャラクターメイキングからアニメーション、表情付けなどを無料で行えるVTuber支援サービスです。VTuberになるためには、3Dモデルなどのアバターを作る必要があり、制作に費用がかかるなどハードルとなっていました。

https://www.youtube.com/watch?v=i0YwOoDooSI

「Vカツ」では、顔や髪、体、衣装、アクセサリーなど、300を超える項目から理想のキャラクターを作ることができます。作成したキャラクターは動画や生放送で使用可能です。今後、制作したアバターは有料でVRMファイルで書き出すことが可能(8月末を予定)。VRMファイルはドワンゴの「バーチャルキャスト」などで使うことができ、自作したアバターを使って生放送ができます。

予想以上の勢い

キャラクター作成技術に強みのあるIVRからのVカツの登場には、発表時から大きな注目が集まっていました。IVRは1億総Vチューバー時代の実現を掲げています。

Vカツのプロデューサーを務めるIVRの大鶴尚之氏は、Mogura VRの取材に対し「とても好印象の反響を多くいただいております。この勢いは予想よりも多いです。まだまだVカツは足りない部分(パーツやシステムなど)がありますので、その実現を期待しているという声がたくさん届いています。今後も多くの方に体験して頂けるよう、Vカツをより良くしていきたいです。」とコメントしています。

今回、1万DLを記念して「猫耳」パーツが選べるようになるとのこと。大鶴氏によれば「今後も記念配布をしてきたいです。その為にもたくさんのVカツフレンズ(「Vカツ」ユーザーのこと)が誕生してくれること願っています。」とのこと。

なお、VTuberでも使える3Dモデル制作ツールとしてはpixiv社の「VRoid Studio」も同じく8月3日に無料でベータ版の配信を開始しました。こちらは8月5日からの正式提供を予定していますが、6月末からのβ版の申込時点ですでに45,000件の応募があったことが明らかとなっています。

こうしたツールが注目を集めている背景には、個人、法人両サイドから「3Dモデルを作りたい」、「自分のアバターを作りたい」、「VTuberをしたい」といった声が高まっていることが挙げられます。

3Dモデル制作のハードルが下がることでさらなる盛り上がりに注目したいところ。8月3日現在「Vカツ」では、女性アバターしか作ることができませんが、8月8日には男性アバターパックの配布を予定しており、IVRとしては全力で準備しているとのこと。8月末にはVRMへの対応とスマートフォン版のリリースを予定しています。

(参考)Vカツ公式サイト


グリーとキングレコード、共同でVTuber特化型音楽レーベル設立

2018/08/03 18:03 業界動向

pixivによる無料の3Dキャラ作成ツール「VRoid Studio」一般提供が開始

2018/08/03 18:03 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集