デイリーランキング

「VTuber最協決定戦」出場メンバー発表! にじさんじやホロライブなど20チーム60名

VTuber

2020/07/20 16:24

「VTuber最協決定戦」が開催!今回は「APEX LEGENDS」で

VTuber

2020/07/13 12:58

話題のマイクロソフトの新作フライトシミュレーターはVR対応 発売は8月18日

ゲーム・アプリ

2020/08/02 12:00

【Oculus Quest】日本語対応タイトルリスト(2020年8月版)

Oculus Quest

2020/08/01 19:00

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(7月25日~7月31日)

VTuber

2020/08/02 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

あなたもデビューできるかも? VTuberのオーディション動向まとめ

エンタメ業界に一大ブームを巻き起こし、現在でも大きな注目を集め続けているVTuber。そのなかでも企業のサポートを受けた“企業勢”のVTuberは、アーティスト活動や3Dモデルを使ったライブイベントなど華々しい活躍を繰り広げています。

そこで今回は様々なVTuber事務所が実施しているオーディションの動向をまとめて紹介します。「自分もVTuberデビューして、憧れのステージに立ってみたい!」という方はチェックしてみてください。

目次

1.「にじさんじ」バーチャルライバーオーディション(常設)
2.「ホロライブプロダクション」専属VTuberオーディション(常設)
3.「コロプラ」メインキャスト採用オーディション(期限あり)
4.「ぶいらいぶ」新メンバーオーディション(常設)
5.「WACTOR」専属VTuberオーディション(追加応募受付中)
6.「LUMILIA」VTuber/バーチャルライバーオーディション(期限あり)

1.「にじさんじ」バーチャルライバーオーディション(常設)

いちから株式会社が運営する「にじさんじ」は、VTuberブームを牽引する人気事務所。総勢100名近くのライバーたちが雑談やゲーム実況などのライブ配信を行っており、リアルイベントの開催にも意欲的。最近では樋口楓さんのメジャーデビューや、ソニー・ミュージックレーベルズとの共同プロジェクトとして始動した月ノ美兎さんと本間ひまわりさんのユニット「しのごの」なども注目を集めています。

現在「にじさんじ」では「オーディション特設サイト」にて、新規ライバーを随時募集中。常設募集枠は“経験者”対象となっており、配信やストリーマーの経験者のほか、歌やクリエイティブな経験がある方に向けた応募フォームが設置されています。また応募のガイドラインとしては「継続的に活動できることが可能な方」、「週に数日の活動スケジュールを確保できる方」、「都内での面接に必ずご参加いただける方」といった条件も。

オーディションに応募する際には10分を超える音声・動画の投稿が求められることに。選考の流れとしては書類・動画選考を経て通話による二次選考が行われた後、最終選考として都内での面接が行われます。なおジョー・力一さんや鈴鹿詩子さんなど、オーディションに応募した音声を公開したり面接時の裏話を語っているライバーも多いので、実情を知りたい方は参考にするとよいかもしれません。

■「にじさんじ」オーディション特設サイト
https://www.nijisanjiprojectaudition.com/

2.「ホロライブプロダクション」専属VTuberオーディション(常設)

「ホロライブプロダクション」はバーチャルアイドル・ときのそらさんや白髪ケモミミの女子高生・白上フブキさん、ゲーム好きのバーチャルメイド・湊あくあさんなどが所属するVTuber事務所です。積極的な海外展開を行っているのが特徴で、YouTubeのファン数は累計440万人以上。中国の動画配信サイト「bilibili」でも累計400万人以上のファンを集めています。

同事務所では、VTuberにチャレンジしてみたい方向けの「専属VTuberオーディション」を随時開催中。応募条件としては18歳以上で、ゲーム・歌・イラストなどの配信実績があることが求められます。また1年以上継続的に配信が可能で、なおかつ週3回以上配信ができることも必要ですが、条件さえ満たせば学生や兼業でも問題ありません。

応募の際には得意なジャンルのキャラクターを演じた5分程度の自己紹介動画、または音声を用意し、エントリーフォームから必要事項を入力すればOK。書類選考を経て、オフィスや通話での面談によってデビューの可否が決定されます。

また他企業のオーディションと比べて、合格後のサポートが充実している点も大きな特色。配信で使用するLive2Dモデルの制作にあたっては、人気イラストレーターが合格者のために専用キャラクターをデザイン。配信用にiPhone XRが無償で貸し出される上、必要であればクラウドファンディングによってハイスペックPCを購入できるようにサポートしてくれるとのこと。自身の配信環境に不安がある方でも挑戦しやすいはず。

■「ホロライブプロダクション」オーディション特設ページ
https://www.hololive.tv/bosyu

3.「コロプラ」メインキャスト採用オーディション(期限あり)

スマホアプリ「白猫プロジェクト」などで知られる株式会社コロプラは2月26日に、新たなライブエンターテインメント企画の発足を発表。プロジェクトの始動に伴い、メインキャラクターのキャスト採用オーディションをスタートしました。

同プロジェクトはコロプラが今まで培ってきた「ゲーム」ジャンルと「バーチャルタレント」の概念を融合させ、スマートフォンをプラットフォームとした新たなエンターテインメントを提供するもの。応募者はオーディションの最終審査を通過した後、テストアクターとしてプロジェクトに参加し、テスト期間中に合格することで正式にアクターとして認められます

オーディションの受付期間は3月31日23時59分まで。応募条件は20代から30代前半までの女性限定で、演技・歌・ダンスなど秀でた一芸やスキルを持っている方が望ましいとのこと。また4月初旬~5月初旬に実施される二次以降の審査や、審査通過後に行われるスタジオでの収録に通う必要もあるので、事前にスケジュールを調整しておきましょう。

■「コロプラ」メインキャスト採用オーディション特設ページ
https://colopl.co.jp/audition_2020/

4.「ぶいらいぶ」新メンバーオーディション(常設)

「ぶいらいぶ」は株式会社BitStarが運営するVTuberグループ。YouTubeの他にライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」や仮想ライブ空間「SHOWROOM」など様々なプラットフォームを利用しているのが特徴で、配信者たちの活動内容もゲーム実況からASMRまで多岐にわたっています。

公式サイトや公式Twitterでは応募フォームにて、新メンバーの募集を随時実施中。18歳以上の年齢で、定期的に配信を行える方であれば性別を問わず応募できます。またプロである必要はありませんが、ライブ配信や声を使った活動の経験者は歓迎されるそう

オーディションに応募する際には自己PRや特技を動画に撮り、YouTube上で限定公開することが必要に。応募フォームでは意気込みや自己アピールの他、合格後の配信活動に関わる質問も設けられているので、明確なビジョンをもって準備を進めておくのがおすすめです。

■「ぶいらいぶ」公式サイト
http://vlive.love/

5.「WACTOR」専属VTuberオーディション(追加応募受付中)

「WACTOR」は未来人VTuberユニット「みらいず」が所属するバーチャルタレントプロダクション。Live2Dだけでなく3Dモデルも活用し、2月25日には配信サービス「SHOWSTAGE」にてAR/VRライブを開催していました。また竹花ノートさんやあやみさんといった人気イラストレーターを起用するなど、キャラクターデザインに力を入れているのも大きな特色

昨年10月に「みらいず」の追加メンバーと姉妹ユニットのメンバー募集が行われ、当初予定されていた枠は埋まったものの、現在でも順次追加応募を受け付けています。募集の対象となっているのは18歳以上で、ゲーム・歌・イラストなどの配信経験がある方。また週3日以上のペースで、1年間以上継続的に配信できることも条件に。

オーディションの参加方法は、特設ページに設置されている応募フォームから。その後、指定されたテーマに対して音声・動画ファイルを提出する「課題選考」、実際の配信に近い環境で実施される「デモ配信」を経て、面談を行うという流れになっています。

■「WACTOR」オーディション特設ページ
http://wactor.tech/audition/

6.「LUMILIA」VTuber/バーチャルライバーオーディション(期限あり)

3月23日より所属タレントのプロデュースや育成、マネージメントなどを行うVTuber事務所「LUMILIA」(ルミリア)が始動しました。同事務所は今後VTuberのサポートに加えて、IPを活用したグッズ展開やイベントの企画運営、オリジナルコンテンツ展開などにも取り組んでいくようです。

事務所の始動に伴い、4月12日までの期間でオーディションがスタート。あらかじめ3人のキャラクター画像とプロフィールが公開されており、応募時に担当したいキャラクターを選択する方式となっています。なお合格時には応募したキャラクターを担当するとは限らず、運営から新たに提案を受ける可能性も。

オーディションの応募条件としては、18歳以上の女性限定。1年間以上継続的に活動できる上、週に数日の活動スケジュールを確保できることも必要ですが、居住地や配信経験は問われません。

■「LUMILIA」オーディション特設ページ
https://lumilia.jp/audition_20200323/

所属する事務所によって、VTuberとしての活動方針は大きく左右されるもの。自分がどんな配信者/動画投稿者になりたいのか、しっかりイメージした上で応募することをおすすめします。

執筆:大沢雪乃


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

セカンドライフ開発元、メタバースを目指していたVRサービスを売却

2020/03/28 11:40 業界動向

「Beat Saber」の新DLC「Timabland Music Pack」リリース

2020/03/28 11:40 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集