ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.10.06

3Dモデルを使うと手間が大幅削減「VRoid」の意外な使い方

2017年末より台頭してきたVTuber(バーチャルユーチューバー)。昨今ではVTuber向けの3Dアバターを制作するツールも多数リリースされています。こうしたVTuber/3Dアバター制作支援ツールを、2Dのマンガ制作に使う投稿が話題となっています。

Twitterに投稿されているこのモノクロのイラストは、pixiv(ピクシブ)の3Dキャラメイクソフト「VRoid Studio」で作成した3Dのキャラクターが元となっています。イラスト制作ソフトなどを通して2Dにし、マンガ風の絵に仕上げているのです。


(左:VRoid Studio上で作成したキャラクター 右:左の画像を取り込み二値化、その後加筆修正を加えたもの。かなり自然なマンガ風の絵になっている)

この2D化の方法を投稿したのは弱酸性くし君(TwitterID:@hisatokki13)氏。VRoid Studioで作った3Dキャラクターを「IllustStudio」で取り込んで二値化(※)、灰色や細部を描き足しています。2Dのアバターで活動していたVTuberが3Dアバター化される流れは人気バーチャルライバーグループ「にじさんじ」や「.LIVE アイドル部」などで散見されますが、今回のものは「3DCGのアバターを2D化する(2Dのマンガに使う)」という、逆向きともいえる発想です。

(※二値化……画像を黒と白の2階調のみに変換する処理のこと)

同氏はこの方法でイラストや漫画を描くことに関し、「そのうち絵を描かなくなってしまうかもしれない」とまで話しています。モデルのポーズ付けからイラスト編集を含めても上記の1ページぶんが1時間以内で作れるとのこと。マンガ制作では風景やモノの写真を取り込んで加工し、背景・小物として使用するという工程は以前から行われていましたが、今後は3Dキャラメイクツールが広がることで、キャラクター側の作画もよりスピーディーになってゆくのかもしれません。

「VRoid Studio」のモデル制作に関する記事はこちらです。

くろば・Uが実演! 3D制作知識ゼロから始める「VRoid」モデル製作 | Mogura VR

くろば・Uが実演! 3D制作知識ゼロから始める「VRoid」モデル製作 | Mogura VR

MoguraVR

この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集