デイリーランキング

【ポケモンGO】各チームカラーをあしらったポロシャツ実装 実物販売も

ゲーム・アプリ

2019/12/13 16:03

メガネそのままな新スマートグラス「Focals 2.0」、2020年発売

AR/MR

2019/12/13 12:00

【ドラゴンクエストウォーク】ドラクエⅣコラボイベント後編が近日実装

ゲーム・アプリ

2019/12/13 11:19

【ドラゴンクエストウォーク】「ドラクエⅣ」コラボイベント後編開始

ゲーム・アプリ

2019/12/13 16:58

にじさんじ、キャラ先行公開方式オーディション開催 多言語向けも

VTuber

2019/12/13 13:49

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

VRChatにバーチャル美術館「VMuseum」が開設、誰でも無料で絵を展示

ソーシャルVRとして高い人気を誇る「VRChat」内に、ユーザーが描いた絵を展示するバーチャル美術館「VMuseum」が開設されました。Twitterでハッシュタグ「#VMuseum」を付けて絵をツイートするだけで、誰でも無料で作品を展示できます。


(「VMuseum」の作品展示の一例)

「VMuseum」は1度に30点の作品を展示できるようになっており、飾られている作品は一定時間ごとに入れ替わるようになっています。作品の横にはTwitterのIDが記載されたプレートが設置されており、気になる作家のところへアクセスできます。

https://www.youtube.com/watch?v=L9QxMXxvdS4

バーチャル美術館を開設したのは、VRアートをライブ配信で描くバーチャル美術家・ライブペインターの「えもこ(@emoco_art)」氏です。

えもこ氏がバーチャル美術館を開設した経緯については、「YouTubeのチャンネル登録者数が1000人になったらバーチャル個展を開く!」という目標を立て、そのVRアートを展示するための美術館(博物館)を作り始めたのがきっかけ。また、「誰でもアクセスできるバーチャル空間に美術館を作るので、普段は誰でも作品を展示できるようにし、『VRChat』に集まる世界中の人たちに皆さんの作品を見てもらえる場にしたい」という思いから開設に至ったとのことです。

(※「年齢制限のあるもの、著作権や肖像権などを侵害している作品は投稿を控えるようにしてください」とのこと)

バーチャル美術館のデザインは、VRヘッドセットを装着していても目が疲れにくく、作品の閲覧に集中できるよう、黒を基調にしたシンプルな作りとなっています。美術館の内装について、えもこ氏は「ユーザーの反応を見ながら、将来的にもう少し内装を作りこんでいく予定です」と語りました。

えもこ氏はバーチャル美術館の展開について、今後展示スペースを拡大して映像や立体物などを展示できるようにしたり、特定のユーザーの作品だけを展示する「バーチャル個展」機能も追加したいとも話しました。



【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

Oculus Goがアップデート、本体で空き容量が確認可能に

2018/06/21 18:30 Oculus Go

視聴者の視線に反応してリアクション、グーグルのVRアニメ新作

2018/06/21 18:30 VR動画

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集