Home » VRChatで撮影された奇抜なショート動画が癖になる 映像制作者のキノピオProとは何者なのか?


VRChat 2022.08.20

VRChatで撮影された奇抜なショート動画が癖になる 映像制作者のキノピオProとは何者なのか?

VRChatで「ロポリこん」のアバターを使用して、数々のショート動画を投稿しているのが、[email protected]キノピオProさんです。バーチャル空間で好き放題に暴れるものから、有名映像作品をパロディ化したものまで様々な動画が発表されてきました。

奇抜ながらも不思議と何度も見たくなる内容となっており、ニコニコ動画やYouTubeのコメント欄にも「中毒性がある」といった感想が多く寄せられています。

今年の6月には歌手の広瀬香美さんがキノピオProさんの動画を視聴したことをきっかけに、VRChat内で対面するといった出来事も起こりました。そんなキノピオProさんに動画制作のきっかけや工夫している点などをお聞きします。

――VRChatで「ロポリこん」のアバターを利用した動画を制作しはじめたのはいつ頃からでしょうか?

キノピオPro:
VRC動画は2020年の9月頃から作成を始めています。こんちゃん(ロポリこん)自体は動画制作の前から持っていたアバターですが、VRCでの面白動画に力を入れようと思ったのは、同じくロポリこんで動画を制作しているRYUKKOさんの動画を見てからですね。

この動画を見て、「VRCでこういう動画が作れるのか」という事に衝撃を受けたのが始まりです。

動画自体は作成経験があるので、作成当初は「VRCでどんな動画が作れるのかな?」と模索しながら作っていた覚えがあります。

――制作された動画のコメント欄には「中毒性がある」「繰り返し見てしまう」といった感想が多く寄せられている印象です。動画づくりの際に特に工夫しているポイントはありますか?

キノピオPro:
動きは伝わりやすくオーバーにとか、動きやカットで状況説明をしたりとか、工夫している点は色々ありますが、特に動画のテンポにはこだわりを持ってます。

編集中は大事なカットを何度も再生して、いい感じの長さになるよう微調整しています。
具体的には視聴者が画面で起きていることを認識できて、なおかつ冗長すぎない程度の尺に調整するよう心がけていますね。

また、ほとんどのコント型動画は曲の最初か最後をブツ切りにすることが多く、「急に始まる」、もしくは「急に終わる」ようにしています。

ブツ切りというのは意外と笑いを誘いますし、何より動画内で完結した感が出なくなるので、これにより動画を見た後の楽しい気持ちが長引くんじゃないかなと思っております。

もしかするとブツ切りが繰り返し見たくなる要因なのかもしれませんね。

――いちばんお気に入りの動画はどれでしょうか? 理由もあわせてお聞かせいただけますと幸いです。

キノピオPro:
「ドーナツを買い直すこんちゃん」が一番のお気に入りです。

天丼やカメラアングル、SEなどがすべて使いたかったもので構成されている動画なので、作っていた当時とても楽しかったですし、なおかつ今見ても起承転結がわかりやすく、個人的な満足度の高い動画に仕上がっているので、お気に入りの動画になっています。

ちなみに、実は冷蔵庫からドーナツを取り出した時のダンスはRYUKKOさんの動画を参考にしているんです。

――様々な映画やバラエティ番組のパロディが詰め込まれていたり、MAD動画のようなテンポの良い編集が施されている印象です。動画のアイデアはどのようにして思いつくのでしょうか?

キノピオPro:
基本的に日常を過ごしているときやVRCで遊んでいるとき、ふと目に入った物を参考にしています。例えば大きい空き箱があれば「それに隠れて何かできそうだな」とか、何か動画を見れば「こんちゃんがコレの真似したらウケそうだな」とか考えたりしていますね。

動画の主軸はふとした日常からですが、展開は「こんちゃんがこんな事したら・こんな事になったら面白いだろうな」という観点で作っています。

もうちょっと言うと、予測できないけど突拍子ないわけではない程度の展開を起こすよう意識していますね。

――VRChatの魅力や面白さはどういったところにあるとお考えでしょうか?

キノピオPro:
自分の好きな姿で対面できるというのがまず一番の魅力だと考えています。アバターという概念は自己表現がとてもやりやすいんですよね。

その上で有志の方々による世界の拡張(→world作成)がされている場所なので、現実世界とは異なる観点で見る・話す・遊ぶがとても充実しており、それらもVRCの面白さの一因なんじゃないかなと思っております。

何より私一人であんな風に動画を作れる環境が存在するというのは、とても素晴らしいことだと思いますね。

――最後に今後制作してみたい映像作品や挑戦したい企画などがありましたら、お聞かせください。

キノピオPro:
ある程度余裕ができたら、まずは色々な曲のPVパロディをやりたいなと考えています。

他にもそのうち短編映画のようなストーリー性のあるものも作ってみたいですね。コメディチックなサイレント映画風とか。あとはYouTubeでの動画なり、企画なり、ライブ配信なりで、コラボとかどんどんやっていきたいですね。

可能であればV関係の仕事がもっとできれば良いなと考えていたりします。

――ありがとうございました!

キノピオProさんのYouTubeチャンネルはこちら。
https://www.youtube.com/channel/UCb_J_IKmVKslhmfyrR4skRg

(参考)YouTube


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード