デイリーランキング

水着のグラドルだらけのVR 総勢24名参加の「VRアイドル水泳大会」

VR動画

2019/09/15 11:30

バーチャルモデルと“プレイ” 夢のVR対応アダルトデバイス登場

話題

2019/09/14 19:30

美女が目の前に!東京ゲームショウ、コンパニオンVR写真集

イベント情報

2019/09/14 20:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月7日~9月13日)

おすすめVTuber動画

2019/09/15 19:30

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

VIVE COSMOS、解像度2880×1700でLCDパネル採用

新型PC向けVRヘッドセットVIVE COSMOSの内蔵ディスプレイのスペック情報が公開されました。

HTCは、2019年6月21日にFacebook Liveで同VRヘッドセットの外装デザインを発表した際、VIVE COSMOSのスペックに関連情報を次週(6月第5週)に公開すると告知していました。

VIVE COSMOSは2019年1月のCES2019で発表されたPC向けVRヘッドセットです。PCとは有線で接続します。これまでのHTC VIVEやVIVE Proのように外部装置を使わずに高精度な位置トラッキングとハンドトラッキングを実現します。

また、システムは不明ですがモバイル利用が可能であることが発表されています。

公開された内蔵ディスプレイスペック

VIVE COSMOSの内蔵ディスプレイには、LCD(液晶ディスプレイ)が採用されていることが判明しました解像度は2880×1700(左右のディスプレイ合計)です。この解像度はHTC VIVEの2160×1200と比較して解像度ベースで88%増です。

HTCによると、ディスプレイにはリアルRGBパネル(※)が採用されており、スクリーンドア効果の軽減にも成功したとのこと。採用したパネルの違いにより、88%増という解像度の数字上の差以上に綺麗に見えると考えられます。スクリーンドア効果とは、ディスプレイに網目模様が見えてしまう現象のことです。

(※リアルRGBパネル:VRヘッドセット向けディスプレイに使われている多くの有機ELパネルには「ペンタイル方式(配列)」というRGBサブピクセルの配列が採用されている。通常、RGBのサブピクセルは均等な数で配置されるが、ペンタイル配列ではRとBの数がGの3分の2となるため数字通りの解像度が表現できていない。フルRGBではサブピクセルの数が等しくなるため数字上の解像度通りの見え方が実現する)

内蔵ディスプレイの対応フレームレートはHTC VIVEと同様に90fpsです。

(PC向けに登場しているVRヘッドセットのディスプレイ比較)

VIVE COSMOS

HTC VIVE

VIVE Pro

Oculus Rift S

Valve Index

解像度

2880×1700

2160×1200

2880×1600

2560×1440

2880×1600

パネル

LCD
(フルRGB)

OLED
(ペンタイル)

OLED
(ペンタイル)

LCD
(フルRGB)

LCD
(フルRGB)

リフレッシュレート

90Hz

90Hz

90Hz

80Hz

80/90/120/144Hz

今週中に更なる続報が公開予定

HTCはTwitterで、VIVE COSMOSに関する情報を今週中(6月第5週)に更に公開する予定であると告知しました。同社のツイートによると「デザインと人間工学(design & ergonomics)」の情報を公開予定とのこと。

VIVE COSMOSの更なる情報公開や発売日の告知などに、注目していきたいところです。

VIVE COSMOS、デザインが発表 トラッキング用のカメラは6基に

VIVE COSMOS、デザインが発表 トラッキング用のカメラは6基に

MoguraVR

(参考)VIVE COSMOS公式サイト



アイドル部カルロ・ピノの生き物雑学本「ぴのらぼ」第2弾がAmazon売れ筋及び人気度ランキングで1位を獲得

2019/06/26 12:01 VTuber 最新ニュース一覧

VRでMAYAを使えるようにする「MARUI」アニメーション機能が追加

2019/06/26 12:01 開発

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集