ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.04.06

地雷や埋まった危険物をARで見せる 米軍事機関が探知技術を開発

軍隊の業務はハードです。なかでも、爆発物処理部隊のストレスは相当なものでしょう。
彼らの仕事内容を知れば、その過酷さはよりいっそう伝わってきます。部隊は金属探知機などを使って、ゆっくりと一定のペースで地面をスキャン。隠れた異物を検知する音を聞き分けます。少しでもペースを乱せば、危険が待ち構えています。

AR技術で地中の危険物をビジュアル化

この状況を改善すべく、米国の軍事機関The Communications-Electronics Research, Development and Engineering Centre(CERDEC)は、ARヘッドセットやモバイル端末を使い、危険物の探知をビジュアル化する取り組みを開始しました。

この技術を用いた金属探知機を動かすと、地中に隠れた物体の形やデジタルイメージがディスプレイに投影されます。イメージはやや不鮮明ながらも、異物のあるエリアは赤や黄色の明るい色で投影されます。こうして、より危険の少ないエリアを見分けることができるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=lll2ShV66Zg

一度エリアをスキャンして情報を収集すると、データはバーチャルな地図にまとめられます。さらに軍のネットワークを経由し、同じエリアにいる爆破物処理部隊のヘッドアップディスプレイ(HUD)に表示。エリア内の危険物の状況を共有します。

金属探知機からドローンまで応用可能

この技術の特徴として、どのような機器でも使用できることが挙げられます。従来の探知技術では、機器ごとに用途に応じて異なるセンサーを搭載しています。しかし今回のARを用いた技術では、手持ち式の探知機からロボット、ドローンにまで広く応用が可能です。

実戦だけでなく訓練での使用も検討されています。金属探知機を動かすペースをつかみ、より効果的な使用方法を身につけるというものです。

米国ではARの軍事関連利用が進んでいます。これまでにMogura VRで紹介した事例は以下の通りです。

ARの軍事利用 米陸軍の「戦術拡張現実(T.A.R.)」 | Mogura VR

ARの軍事利用 米陸軍の「戦術拡張現実(T.A.R.)」 | Mogura VR

MoguraVR

ARで変わる兵器 米空母でAR照準システムの実地試験 | Mogura VR

ARで変わる兵器 米空母でAR照準システムの実地試験 | Mogura VR

MoguraVR

ゲームのように兵士の視界に情報を表示 アメリカの軍事機関がARデバイスを開発 | Mogura VR

ゲームのように兵士の視界に情報を表示 アメリカの軍事機関がARデバイスを開発 | Mogura VR

MoguraVR

(参考) VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース