デイリーランキング

【ドラクエウォーク】12月9日までの「どこでもメガモンスター」スケジュール発表

ドラクエウォーク

2021/11/29 13:33

Ksonが生配信の“投げ銭”をテーマにITジャーナリストと対談 「なぜ人は推しに投げ銭をするのか?」

話題

2021/11/29 13:40

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(11月20日~11月26日)

VTuber

2021/11/28 19:30

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2021年11月】

VTuber

2021/11/26 19:02

VTuber制作のVRサンドボックスゲーム 早期アクセス版の発売日が決定!

ゲーム・アプリ

2021/11/29 13:47

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

VR泥棒シミュレーター「Thief Simulator VR」製品版が配信開始

Steamで早期アクセス版が販売中の「Thief Simulator VR」が2020年11月6日、製品版へとアップデートされました。併せて2020年11月13日午前2時頃まで、スペシャルプロモーションとして30%割引の税込1,435円で販売されます。(※通常価格は税込2,050円)

https://www.youtube.com/watch?v=aQb545fKAuA

「Thief Simulator VR」はその名が現す通りの泥棒シミュレーションゲーム。2018年11月に発売された「Thief Simulator」のVR版であり、2019年11月にSteamで早期アクセス版が販売開始となりました。対応ヘッドセットはValve Index、Oculus Rift(Rift S)、HTC VIVE、Windows Mixed Reality。日本語を含む14言語をサポートしています。

VR泥棒体験ゲーム「Thief Simulator VR」早期アクセス版がリリース | Mogura VR

VR泥棒体験ゲーム「Thief Simulator VR」早期アクセス版がリリース | Mogura VR

MoguraVR

プレイヤーは泥棒となって、箱庭空間で構築された住宅街に点在する他人の家へと侵入。タブレットを始めとする様々なハイテク機器を駆使して現金、宝石、家具、電化製品などを盗み出すことに挑戦していきます。

侵入に当たってはターゲットとなる家主の行動パターン、セキュリティレベル、近隣住民の存在を事前に把握した上で実践しなければならず、下手に突撃を決め込めば警察に通報されて大ピンチ。そのまま盗んだものを捨て、逃走しなければならなくなったりと、現実さながらの泥棒体験が楽しめる(?)作りが最大の売りです。盗品を手に入れる際にも、暗号の解読に挑まねばならぬことも。それを家主、近隣住民の目が届かぬ隙を狙って実践していくため、プレイ中の緊張感も相応のものになっています。

盗み出せる品物も数に限りがあるため、なるべく高価なものに絞り込むことが重要。また、無事(?)に入手と逃走に成功した後にもGPS追跡装置の破壊、シリアル番号の削除と言った作業をこなす必要があるため、最後の最後まで油断なりません。

VR版は操作も実際に手を動かしながら行うスタイルで、緊張感とセットで自らが泥棒になった”なりきり感”も味わえるとのこと。現実では紛うことなき犯罪である泥棒(空き巣)を体験できる内容もさることながら、ステルス系アクションゲームが好きな人にも見所満載の1本です。

ソフトウェア概要

タイトル

Thief Simulator VR

発売・開発元

PlayWay S.A. / GameBoom VR

対応ヘッドセット

Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Rift S)、Windows Mixed Reality

プレイ人数

1人

価格(税込)

2,050円(Steam)

(参考)Road to VR


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

待望の大作VRアクションゲーム「After The Fall」発売延期

2020/11/08 18:30 ゲーム・アプリ

人気のVR対応ホラゲー「Phasmophobia」アーリーアクセスを延長へ

2020/11/08 18:30 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集