ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.09.06

文字通り「次元が違う」。 VRで作られた四次元の“超立方体”がすごい

VR空間上では、普通は実現不可能な行動をしたり、まるで魔法のような事象を引き起こしたり、といったことが可能です。例えば空間に穴を開けて別の空間に移動したり3Dスキャンした自分自身を呼び出してみたり絵画の中に入り込んでみたり。シンプルなものから複雑な技術を用いたものまで、いずれも体験者に驚きを与えてくれます。

また、VRで実現できるのはこうした「体験」だけではありません。現実世界ではとうてい再現不可能な特殊な物体を作り出すこともできます。

2018年8月末、Twitterでとある動画が話題となりました。該当するツイートに添付された動画に映し出された、入れ子状の2つの立方体。よくある三次元の物体のように見えますが、動画を再生すると、外側の立方体が内側に入り、内側の立方体が外側に押し出され……まるでだまし絵を見ているような、正直言ってよくわからない動きをしています。

この物体は、一体なんなのでしょうか?

謎の物体の正体は?

それもそのはず、なんとこの物体、四次元の超立方体なのです。名前は正八胞体(Tesseract/テセラクト)。正確に言えば、四次元の物体を三次元空間上で表現することは不可能なので、「四次元の超立方体を三次元に投影した状態」とでも言えばいいでしょうか。動画の中では非常に複雑な動きをしています。

この超立方体はphi16(Twitter:@phi16_)さんによって作成され、BOOTHにて480円で販売されています。用途としては主にソーシャルVRアプリ「VRchat」でキャラクターのアクセサリーとして使われることを想定しており、BOOTHページの「使い方」によれば「3次元回転をすると同時にW軸も適当に回転するので、回りやすい場所に仕込むと面白い動きになると思います」とのこと。テセラクトをオシャレに使って、周りの人と「次元が違う」レベルの差をつけるのも面白いかもしれません。

(参考)BOOTH

この記事を書いた人

刀匠ねずみ
VRにハマってモデリングなどしつつ遊んでいます。VR機材には興味津々、VTuberも大好きです。
法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集