Home » すとぷりの公式ワールドがVRChatとDOORに登場! ゲームやDJもできるSTPRのオフィスがメタバース上に再現


VRSNS 2022.06.04

すとぷりの公式ワールドがVRChatとDOORに登場! ゲームやDJもできるSTPRのオフィスがメタバース上に再現

人気エンタメユニット「すとぷり」の公式ワールドが、ソーシャルVR「VRChat」にオープンしました。現在パブリックで公開されており、誰でも無料で入場可能です。

「すとぷり」は6人組のエンタメユニット。2016年より生配信や楽曲配信、ライブイベントなどで多角的に活動し、「ライブと握手会以外で顔出しをしない」という方針で活動するという特徴があります。2020年からは、公式イラストをベースにしたバーチャルアバターでも活動を展開しています。

株式会社STPRのオフィスが再現! 遊べるスペースも盛りだくさん

今回制作されたのは、「すとぷり」が所属する株式会社STPRのオフィスのミラーワールド。渋谷ヒカリエに入居しているオフィスを、エントランスから再現しています。

制作を手掛けたのは株式会社Gugenka。入口では、Gugenkaのアバター作成アプリ「MakeAvatar」で作られたアバターに着替えることができます。


入口を抜けると、バーカウンターや「すとぷり」メンバーのイメージカラーをあしらった座席が目に飛び込みます! オフィスであることを忘れてしまう、遊び心ある空間です。


(バーカウンターにはチョコレートフォンデュタワーが……!)

左手にはバーカウンターのほかに、人狼ゲームが遊べるゲームテーブルもあります。友達と遊んでみたいですね!


奥には収録ブース……と見せかけて、DJブースが置かれたDJフロアがあります! DJブースでは楽曲や映像を自由に選択でき、さらに光の演出も1クリックで行えるため、DJ経験ゼロでも「すとぷり」セットリストなDJプレイができるようになっています。


入口から右手へ進むとオフィスフロアが広がります。「すとぷり」メンバーのスタンドパネルもお出迎えしてくれます。


新進気鋭のエンタメ企業だけあり、オフィスもカラフルで開放感があります。

左右を壁で囲まれた「集中エリア」と呼ばれる席もあります。これはたしかに仕事に没頭できそうです。

リフレッシュエリアもきれいで広々としています。こちらは「すとぷり」のとある企画でも登場した場所とのことです……!

実際のオフィスの雰囲気がよく伝わるワールドとなっています。ファン同士の交流の場としてはもちろん、株式会社STPRで働いてみたい人にはバーチャルオフィス見学の場にもなりそうです。

「DOOR」でもオープン! 今後もメタバース上に「すとぷり」ワールドが広がる!

上記で紹介した「VRChat」上のワールドのほかにも、NTTが提供するソーシャルVR「DOOR」でも同じワールドが公開されています。人狼ゲームやDJブースなど、一部アクティビティは「VRChat」版限定ですが、「DOOR」はVR機器不要で、PCのブラウザやスマートフォンからもアクセスできます。

今回公開された「すとぷり」公式ワールドは、「STPR World」と呼ばれる株式会社STPRのメタバースワールド展開プロジェクトの第1弾であり、今後新たなワールドの登場が予測されます。また、今回公開されたワールドにも「COMING SOON」と記された場所があり、今後新エリアが作られるかもしれません。

「すとぷり」がメタバースでどのような世界を作り出していくか、今後も要注目です。

「VRChat」版ワールドの入場はこちら(Meta Quest 2、またはPC接続型VRヘッドセット、高スペックPCが必要です)。
https://vrch.at/3rx6298f

「DOOR」版ワールドの入場はこちら。
https://door.ntt/web/rooms/stpr/world/index.html

(参考)STPR World


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード