デイリーランキング

VTuberコミュニティ「BANs」が公式Twitterを開設 公式グッズとして「オンラインくじ」を開催決定

VTuber

2019/03/18 12:00

GoogleのVR映像制作チームが解散、6年を超える活動に終止符

業界動向

2019/03/16 12:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年2月版)

Oculus Quest

2019/02/17 19:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

VRで断頭台に……刃が落とされた瞬間ユーザーに起きた“異変”

話題

2018/10/28 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

ソニー、AR活用のホッケーゲーム開発 米イベントで展示

AR(拡張現実)は現実にデジタル情報を重ねて表示する技術であり、エンターテインメントや業務、ナビゲーションなど、様々な活用が進められています。

ソニー株式会社は、ARとホッケーを組み合わせた『A(i)R Hockey (エーアール エアーホッケー)』を開発しています。本コンテンツではARで表示されたパック(球)を打つような体験ができます。

『A(i)R Hockey』は、円形の台を舞台に、赤・青・緑の3チームに分かれて遊ぶゲームです。ARを利用して表示されるパック(球)と、ユーザーが操るマレットをリアルタイムにトラッキングし、プロジェクションマッピングを用いてテーブル上に映像を投影します。

バーチャルのパックを打ち返すときは、ソニーの触覚提示技術により、そのパックの大小に応じて体感する感触が変わる演出も実装されています。

本コンテンツは2018年3月9日から17日(現地時間)まで、米国テキサス州で開催中のイベント「SXSW2018」のソニーブース「WOW Studio」にて展示されています。こちらでは、複数人で同時に体験できるインタラクティブなAR空間を作り出す技術「Interactive Tabletop Projector」の体験展示も行われています。

ARとテーブルゲームを組み合わせた取り組みは、これまでに株式会社アカツキが開発しているAR卓球ゲーム『PONG!PONG!』などがあります。本コンテンツは通常の卓球のようにラリーを繰り返しながら、台に投影されたバーチャルなブロックを破壊し、点数を競い合うAR卓球ゲームです。

(参考)ソニー株式会社 WOW Studio 公式

VRで自宅から結婚式に遠隔参加、リアルタイムで中継

2018/03/12 19:00 ビジネス活用事例

バーチャル女子高生YouTuber「アズマリム」の生放送が楽しすぎた!

2018/03/12 19:00 VTuber 最新ニュース一覧