デイリーランキング

【ポケモンGO】ジムからレイドパス5枚が無料で配布。アプデの詳細も

ポケモンGO

2020/10/30 17:36

【ドラクエウォーク】キャラクターとAR撮影できる機能「キャラAR」実装

ドラクエウォーク

2020/08/14 11:32

「バーチャル渋谷」とは? アクセス方法や注目スポット、ハロウィンフェスを紹介

イベント情報

2020/10/27 19:30

VR全然分からない人向け Oculus Quest 2基礎知識

Oculus Quest

2020/10/29 19:30

SIE主催のApex大会 にじさんじライバーが選手・解説として出演

にじさんじ

2020/10/29 17:11

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

【PSVR】「言葉はない。頭をつかえ」本当に頭しか使わないヘディングアドベンチャー『ヘディング工場』17年1月末配信

ジェムドロップ株式会社は、PlayStation VR(PSVR)専用ゲーム『ヘディング工場』を2017年1月末(予定)からダウンロード販売の開始をすると発表しました。また、2017年1月にゲーム特別体験会も計画しているとのこと。

本作は、「東京ゲームショウ2016」インディーゲームコーナーで好評を得たタイトルです。

このゲームは、「美しい幻想世界を旅しながら、飛んでくるボールをヘディングで打ち返して、ストーリーを進めるゲーム」ということが判明していますが、まだ公開情報が少なく、謎に包まれています。

公開されたティザー動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=qc45hTiSDCg

体験としては、座ってヘディングするだけのゲームです。ただm世界観やフィールとの細部まで作り込まれており、空高くそびえる城のような建物から雲を見下ろすと、まるで空中にいるかのような感覚を味わえます。

プレイヤーは基本的には座ったまま、目の前にあらわれた砲台に似た生物(?)の案内についていきます。壁などの障害物に出くわすと、砲台はプレイヤーにボールをはき出し、プレイヤーはそれをヘディングで弾き飛ばして、壁を破壊し、進むことになります。

本作のキャッチコピーは「言葉はない。頭をつかえ」。その言葉通り、プレイヤーが操作するのは頭のみで、ゲーム中には一切の文章がなく、コントローラーも使用しません。とても挑戦的なコンテンツとなっています。

ヘディング工場 公式サイト

http://www.headbutt-factory.com/

・ソフト情報

タイトル:ヘディング工場

ジャンル:ヘディングアクションゲーム

開発元:ジェムドロップ株式会社

発売日:2017年1月末予定

対応プラットフォーム:PlayStation4(PSVR 必須)

価格:未定

プレイ人数:1人

CERO:A(全年齢対象)

© Gemdrops, Inc. All Rights Reserved.


要チェック!VRを快適にする“IPD調整” PSVRなど各デバイスでの設定方法

2016/12/30 11:20 業界動向

外部システム不要のVR/AR用グローブ『Senso』

2016/12/30 11:20 テック
VR/AR/MR 用語集