ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRゲームと同時起動 友達とアバターでVRチャットできる『Pluto』


VRのゲーム・アプリをプレイしながらチャットができるようになる無料アプリ『Pluto』が、Steamでアーリーアクセスを開始しました。『Tilt Brush』のような一人用アプリから『Recroom』などのマルチプレイゲームまで、全てのSteamVRのタイトルであれば、アバターチャットを利用することができます。

同じゲームでなくてもチャット可能

シアトルに拠点をおくスタートアップPlutoは、昨年にもシリーズAの資金調達として1,400万ドル(約15億円)の投資を獲得していました。同社のソーシャルVRアプリ『Pluto』では、従来のVRチャットアプリと同じようなソーシャル体験を、全てのSteamVRタイトルで利用できるようになります。

『Pluto』を起動してVRヘッドセットを被ると、チャットを繋いだ相手がアバターとして目の前に現れます。チャット中は常にアバターが表示され、Steam VRのホーム画面でも、互いに別のゲーム・アプリを起動していても、ボイスチャットやボディランゲージを楽しむことが可能です。アバターはオフにしてボイスチャットのみを利用することもできます。

またお絵かきアプリ『Tilt Brush』では、相手のVR空間に描いたスケッチを共有することもできます。たとえば一人がクライミングゲーム『Climbey』を遊んでいる途中、そのステージ上に邪魔な落書きを描いてしまうこともできます。

Plutoは、通話をしながらマルチプレイゲームを同時にスタートしたり、アプリのローディング中に雑談をしたりといった活用も提案しています。

https://www.youtube.com/watch?v=8ecga7C7rP0

無料で配信中

Plutoの共同設立者であるJohn Vechey氏は、「同アプリは他のソーシャルアプリのように単独で楽しむものではなく、既存のVRアプリでのコミュニケーションの強化に焦点を当てている」といいます。特に本アプリではコミュニケーションを円滑にするため、遅延の最適化に重点を置いています。

Plutoと同じようなコミニュケーションは、Discordなどの既存のボイスチャットツールでも行うことができます。しかし既存のアプリでは、相手の声が聞こえるだけの没入感の低いコミュニケーションになってしまいます。Plutoでは相手のアバターから言葉が発せられるように聞こえるため、実際に同じ空間にいるような、より自然なコミュニケーションができるようになるのです。

『Pluto』は現在アーリーアクセスを開始しており、Steamで無料でダウンロードすることができます。

(参考)Road to VR

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

フォルト

力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

Twitter:@FoltTenor

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース