ホーム
PSVR
Oculus Go
Vive・Vive Pro
VTuber
AR/MR
スマホVR
ビジネス利用
VR動画
技術動向
イベント情報
ゲーム・アプリ
業界動向・将来予測
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

【体験レポ】VRで「おそ松さん」の六つ子と銭湯に行ってきた

アニメ『おそ松さん』の世界に入り込んだような体験ができる『おそ松さんVR』。東京の池袋および町田のアドアーズで体験できると聞き、早速行ってみました。

今回やってきたのは池袋のアドアーズサンシャイン店。2017年12月7日にオープンしたばかりのVRアトラクション施設『VR PARK TOKYO IKEBUKURO』も3Fに入っていますが、『おそ松さんVR』は2Fに特設会場が設けられています。VR PARK TOKYO IKEBUKUROとは別に、おそ松さんVRのみの単体料金でプレイできます。アドアーズサンシャイン店ではなんと25台を準備し、待つことなくプレイ可能です。

ブースは銭湯を模したかわいらしい作り

まずは会場前の券売機でチケットを購入。1プレイは800円です。体験時間はVR機器装着時間なども含め、10分ほどみておくといいでしょう。

体験スペースは「ゆ」の文字が白く染め抜かれた紺ののれんが下がり、どことなくチープでゆるい雰囲気。おそ松さんの世界観を意識したものなのかもしれません。

案内された先には、アニメの背景を彷彿とさせる鮮やかなカラーリングに彩られたかわいらしいブースが。銭湯を模しているようです。このあたりは他のVRアトラクションでは珍しい、女性向けらしいデザインでした。

六つ子たちに囲まれる体験。キャラビジュアルもかわいらしい

『おそ松さんVR』は椅子に座ってPlayStation VR(プレイステーションVR、PSVR)を装着し、ピントを合わせると、係員の方がコンテンツをスタートしてくれる流れになっています。タイトル画面に切り替わると、これから始まる銭湯での物語の説明が。なぜか体験者は「超能力者」になっているというシチュエーションからスタート、気がつけばそこはもう銭湯の中。どうやら自分は湯船に浸かっているようです。

見慣れたあの六つ子たちからは「なんで、ゴーグルかぶってお風呂に入ってるの?」と聞かれますが、こっちが聞きたい。全裸の六つ子たちがこちらを向いて、てんでに話しかけてきて……と、突っ込む暇もなく、六つ子たちのドタバタに巻き込まれていくことになります。

ストーリーは、いかにも『おそ松さん』らしい内容。銭湯が舞台…というあたりでだいたい皆さんも読めていたであろう展開に流れていき、安心感すらおぼえます。まさにアニメをそのまま見ているような、六つ子たちのそれぞれのキャラクターらしい動きにも注目です。

https://www.youtube.com/watch?v=ANBzqrRMT2U

体験前から気になっていたのは、六つ子たちの大きさをどう表現するかです。VRにキャラクターを登場させる場合、普通の頭身のキャラクターであれば、そのまま体験者の目の前に出すだけで存在感を出すことができます。ですがおそ松さんはデフォルメが効いたギャグ作品なので、キャラクターはほぼ三等身。こういったサイズのキャラクターを無理矢理人間と同じ縮尺にしてしまうと、頭がとても大きい着ぐるみ人形のような外見になってしまいます。

それゆえか、『おそ松さんVR』では六つ子たちの大きさはかなり小さな子どもくらいのサイズに。かわいらしく、またコンテンツ内ではほぼずっとお風呂に入っている(=座っている)ため、まったく違和感がありません。VRとしての臨場感にはやや欠けますが、体験者が「アニメの画面にそのまま入ってしまっている」感じは良く出ていました。これ以上大きすぎると、逆に不自然だったでしょう。ファンとしては「六つ子が目の前にいる!!(ほぼ)囲まれてる! 話しかけてくる!」というだけで、かなり盛り上がれるシチュエーションだと思います。

ちなみに、お湯に潜ろうとすると、PSVRではお馴染みの「プレイエリアの外です」表示が。そんなことさえちょっと楽しめてしまうのが『おそ松さんVR』らしさと言えるかもしれません。

今回の『おそ松さんVR』の良い点は、なんと言っても全新作のオリジナルストーリーを新規録音ボイスで楽しめることでしょう。6人に取り囲まれて話しかけられると、いったいどこを見ていいのかわからなくなってしまうほど。推し松が近くに来た時は、思わず声をあげてしまう人もいるかもしれません。

『おそ松さんVR』にインタラクティブ要素やゲーム要素はほとんどありませんが、それゆえかアニメの新作を見ているような気持ちで楽しむことが出来ます。いわゆる3D酔いするような部分もほとんどありません。

あえて残念だったところを挙げるならば、「PSVRでやる必要あったかな…?」と思ってしまうところでしょうか。このコンテンツ内容であればモバイルVRコンテンツとして販売し、たくさんの人が自宅で見られるようにした方が、ファンとしても嬉しいのではないのでしょうか。以前Mogura VRで紹介した「VR絶景風呂」のように、自宅のお風呂に持ち込んで体験する人も現れるかもしれませんね。

とはいえ、新規イラストでのかわいらしいグッズもたくさん販売され、その他ノベルティのプレゼントもあり、そういった意味ではファンにはたまらない企画だと思います。

この『おそ松さんVR』の体験が出来るのは2018年1月8日まで、アドアーズサンシャイン店・アニメプラザ町田店にて六つ子が皆様をお待ちしております(アニメプラザ町田店ではコラボカフェも1月31日まで展開中)。次回は是非、ファンにはお馴染みの「松野家」の中を探検できるようなVRコンテンツを期待しています!

(参考)
「おそ松さんVR」公式サイト


Mogura VR主催イベントはコチラ!
6/27 はじめてのVR/AR/MRセミナー B2C/エンタメ編
6/28 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る


Mogura VR主催イベントはコチラ!
6/27 はじめてのVR/AR/MRセミナー B2C/エンタメ編
6/28 バーチャルYouTuber概説 トレンド・最新活用事例を知る

この記事を書いた人

工藤P

MikuMikuDanceというフリーの3DPVツールの初心者向けのブログや講座動画を作っています。 また、Oculus使用のVRコンテンツも趣味で作成。 女性が楽しめるVRコンテンツがもっと増えてほしい!という思いに突き動かされ、重い機材を転がして体験会を開催することも。

Twitter:@emifuwa
法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

PSVR・Mirage Solo用ヘッドホン「Mantis」
軽量&疲れにくいデザイン

VR/AR/MRをビジネスでどう活用する?
体験&相談はお任せください!
VR/AR/MRショールーム 体験しながらビジネス相談「もぐラボ」

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集