デイリーランキング

「Oculus Quest 2」の“脱獄”に報奨金? フェイスブックの意向に反発

Oculus Quest

2020/10/18 19:00

Oculus Quest 2で制限されている90Hzモードを解放する方法

Oculus Quest

2020/10/18 11:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月10日~10月16日)

VTuber

2020/10/18 19:30

「レディ・プレイヤー2」続編のあらすじ発表 新たな冒険とライバル登場

話題

2020/10/17 19:00

Quest 2向け解像度に VRローグライク「In Death: Unchained」がアプデ予定

ゲーム・アプリ

2020/10/18 20:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

ヘッドセットを被っても外の様子が分かる 外界を高精度に認識

現状のVRヘッドセットの課題として、1人で装着し体験をしていると周囲の状況がわからず、椅子やテーブルにぶつかってしまうといった問題があります。

この問題を解決するために、コロラド州ボルダーに拠点を置くOccipital社はHTC Viveのヘッドセットの前面にカメラを取り付け、ヘッドセットを装着していても部屋の中を見ることができる機能を開発しています。現在、そのための3Dスキャニングハードウェアとデプスセンシングカメラの開発に重点を置いています。

この機能はOccipital Trackingと呼ばれており、最終的な目的はOculus Riftのスタンドや、HTC Viveのライトハウスシステムのような、ルームスケールに対応するためのセンサーを置き換えることとしています。

はるかに高い部屋の認識

マイクロソフト社のMRヘッドセットやHoloLensといった、カメラが搭載されたデバイスでも同様にインサイドアウトトラッキング方式によって部屋の認識を行っています。OccipitalによるとOccipital Trackingを使うことでより高い精度で部屋を認識できるようになるとのこと。

Occipitalの技術では現在1対のステレオカメラを使用し、物体の境界線や平面を認識することができます。Occipitalによれば、単一のカメラでもシースルー表示は可能であるとのこと。

OccipitalはVRヘッドセットメーカーがこのアイディアをハードウェアとシステムソフトウェアの両方に組み込むことを望んでいます。外部センサーが必要としないさらに高精度なシステムが実現するかもしれません。

(参考)
One of VR’s most annoying problems could be solved soon/cnet(英語)
https://www.cnet.com/news/occipital-hopes-to-fix-vr-room-tracking-problems-ces-2018/


VR向けグローブ、人工腱で指に“張り”や圧力を再現

2018/01/23 12:00 クリエイティブツール

お買い得?Windows MRヘッドセットがUSアマゾンで半額前後に

2018/01/23 12:00 活用事例
VR/AR/MR 用語集