デイリーランキング

【ポケモンGO】2月のコミュニティ・デイの詳細が発表 「ハネッコ」大量発生!

ポケモンGO

2022/01/25 15:33

VTuberが自身の所属グループを紹介するワールドを自作! VRChatで公開

VTuber

2022/01/24 14:51

ソード・アート オンラインに影響を受けたVRアクションRPG「剣の夢語」早期アクセス版発売

ゲーム・アプリ

2022/01/23 12:30

軽く高性能なメガネ型VRヘッドセット「MeganeX」などShiftallの新製品3つを体験。これが2022年のメタバース装備だ!

話題

2022/01/25 19:30

Quest公式が選出したVRコンテンツ「ベストオブ 2021年」(日本版)が発表! 大賞に選ばれたのは?

ゲーム・アプリ

2022/01/24 11:42

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

Oculus Rift、新技術により動作要件が緩和 5万円の対応PCも登場

サンノゼで行われている開発者会議Oculus Connect 3(OC3)にて、PC向けVRヘッドマウントディスプレイOcuus Riftに採用されている技術に新たなものが加わり、動作要件が緩和することを明らかにしました。

OC3の基調講演にて、OculusのCEOブレンダン・イリベ氏は、PC向けヘッドマウントディスプレイOculus Riftに新技術「Asynchronous Spacewarp」が導入されることを明らかにしました。この技術の導入により、Oculus Riftの動作要件が引き下げとなります。

Oculus Rift 動作要件緩和

Asynchronous Timewarp

Oculus Riftにはもともと、頭を動かしたときに発生する遅延を防ぐために、描画処理を補足するAsyncrouis Timewarp(非同期タイムワープ)という技術がされています。この技術により、どれだけ首を振っても要求水準である90fps(描画処理が毎秒90回)を維持しています。

しかし、現行のAsyncrouis Timewarpでは、位置を移動したときの補正が入らないため、残像などが発生することがあります。

Asynchronous Spacewarp

Oculusは位置トラッキング時の描画処理を補足する仕組みとして、Asynchnorous Spacewarpを発表しました。

45fpsで描画しながらもこの、Asynchnorous Spacewarpによって90fpsが維持されるため、位置が動いたときも快適にVR体験を続けることができるとしています。

Oculus Rift 動作要件緩和

Oculus Readyの基準が引き下げへ

このAsynchronous Spacewarpにより、Ocuius Riftを動かすPCの動作要件が引き下げられることとなりました。

引き下げ後のスペックは以下の通りです。

GPU: GTX970 以上 → GTX 960 以上
CPU: Intel Core i5-4590 以上 → Intel Core i3-6100/ AMD FX4350 以上

Oculus Rift 動作要件緩和

特にGPUの性能が一段と下がったことにより、Oculus Riftを動かすために必要なPCの価格は一層下がることになります。

Oculusは、PCメーカーのCYBERPOWERとAMDにより、499ドルでOculus Ready PCを発売することを明らかにしました。

Oculus Rift 動作要件緩和

今回の新技術により、Oculus RiftでハイエンドなVRを体験できる環境構築にかかる費用が下がりました。今後もこのような形でハイエンドなVR体験のハードルが下がっていくことに期待したいところです。


【注目の記事】
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

Oculus、ブラウザで動くWebVRへ取組 VR用の独自ブラウザ“Carmel”の開発も発表

2016/10/07 10:00 Oculus Rift 最新情報

Oculus、Rift用のイヤホンを発表 周辺機器用のCADデータも公開

2016/10/07 10:00 Oculus Rift 最新情報