デイリーランキング

HTC、新型VRヘッドセットVIVE COSMOSの発売日等の発表を予告

VIVE

2019/06/14 01:43

「Virtual Desktop」Quest版でSteamのVRゲームが遊べる機能をOculusが削除要請、ユーザーの反対投票が2600を超す

Oculus Quest

2019/06/13 15:58

日本HPが新VRヘッドセット「Reverb」発売 PC向けで片目2K、価格は63,500円

Windows MR

2019/06/13 15:42

Oculus Quest、好調なスタートか 発売2週間でソフト売上が5億円突破

Oculus Quest

2019/06/12 11:30

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Oculus Rift、新技術により動作要件が緩和 5万円の対応PCも登場

サンノゼで行われている開発者会議Oculus Connect 3(OC3)にて、PC向けVRヘッドマウントディスプレイOcuus Riftに採用されている技術に新たなものが加わり、動作要件が緩和することを明らかにしました。

OC3の基調講演にて、OculusのCEOブレンダン・イリベ氏は、PC向けヘッドマウントディスプレイOculus Riftに新技術「Asynchronous Spacewarp」が導入されることを明らかにしました。この技術の導入により、Oculus Riftの動作要件が引き下げとなります。

Oculus Rift 動作要件緩和

Asynchronous Timewarp

Oculus Riftにはもともと、頭を動かしたときに発生する遅延を防ぐために、描画処理を補足するAsyncrouis Timewarp(非同期タイムワープ)という技術がされています。この技術により、どれだけ首を振っても要求水準である90fps(描画処理が毎秒90回)を維持しています。

しかし、現行のAsyncrouis Timewarpでは、位置を移動したときの補正が入らないため、残像などが発生することがあります。

Asynchronous Spacewarp

Oculusは位置トラッキング時の描画処理を補足する仕組みとして、Asynchnorous Spacewarpを発表しました。

45fpsで描画しながらもこの、Asynchnorous Spacewarpによって90fpsが維持されるため、位置が動いたときも快適にVR体験を続けることができるとしています。

Oculus Rift 動作要件緩和

Oculus Readyの基準が引き下げへ

このAsynchronous Spacewarpにより、Ocuius Riftを動かすPCの動作要件が引き下げられることとなりました。

引き下げ後のスペックは以下の通りです。

GPU: GTX970 以上 → GTX 960 以上
CPU: Intel Core i5-4590 以上 → Intel Core i3-6100/ AMD FX4350 以上

Oculus Rift 動作要件緩和

特にGPUの性能が一段と下がったことにより、Oculus Riftを動かすために必要なPCの価格は一層下がることになります。

Oculusは、PCメーカーのCYBERPOWERとAMDにより、499ドルでOculus Ready PCを発売することを明らかにしました。

Oculus Rift 動作要件緩和

今回の新技術により、Oculus RiftでハイエンドなVRを体験できる環境構築にかかる費用が下がりました。今後もこのような形でハイエンドなVR体験のハードルが下がっていくことに期待したいところです。


【Mogura主催のイベント情報】
VTuber活用丸わかりセミナー(東京6/19、京都6/28、無料)

Oculus、ブラウザで動くWebVRへ取組 VR用の独自ブラウザ“Carmel”の開発も発表

2016/10/07 10:00 Oculus Rift

Oculus、Rift用のイヤホンを発表 周辺機器用のCADデータも公開

2016/10/07 10:00 Oculus Rift

VTuber ライブ配信予定表

バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集