Home » 国内VRゲーム企業が「メタバースくそくらえ」と宣言 その真意とは……?


VRSNS 2022.04.26

国内VRゲーム企業が「メタバースくそくらえ」と宣言 その真意とは……?

日本のVRゲーム開発企業MyDearestが、「#メタバースくそくらえ」というメッセージを公開しました。公式サイトには長文の宣言文が掲載されています。

宣言文によれば、現在の「メタバース」という言葉が「何か胡散臭い、ネガティブな言葉として広まりつつあるような気がします」と指摘しており、「本当は、胸躍る未来を表す言葉であったはずのものが、お金儲けやビジネス的なものとして扱われてしまっていることが、本当に残念でなりません」とコメント。メタバースという言葉が注目を集め、多くの企業が参加してくる現状をポジティブに受け止めつつも、ものづくりが伴っていない点や関連協会が乱立している点、実際の価値を反映していないNFTの横行などを問題視していると説明しています。

その上で「メタバースの主役は、とびきり面白いゲーム」であり、VRゲームを企業として制作していきたいと宣言。続く文章で、新たな企画「PROJECT: GATHERING」を発表しました。

MyDearestは「東京クロノス」や「アルトデウスBC」などの人気VRゲームタイトルを開発してきた企業で、現在新作の「ディスクロニアCA」の制作を続けています。今回の宣言がメタバース関連業界にどのような影響を与えるのか、注目したいところです。

宣言文の全文はこちら。
https://mydearestvr.com/news/20220426_498.html

新たなマルチプレイVRゲームを制作するプロジェクトが始動

先の宣言文とともに公開された「PROJECT: GATHERING」は、これまでボツになった企画50のなかから厳選した3つの企画を発表し、それをもとにユーザーと一緒にゲームを制作するというプロジェクトです。

ユーザーのアイデアや提案を募集し、ゲーム制作の「最後の決め手」を決定するとのこと。公式サイトには3案のゲーム企画が動画などで紹介されており、DiscordサーバーやTwitterで意見を投稿できるようになっています。また投稿したユーザーを対象としたプレゼントキャンペーンも行われる予定です。

プロジェクトの詳細はこちらを確認ください。
https://mydearestvr.com/products/pjg.html

(参考)公式サイト


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード