デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】上級職の“紹介クエスト”開催 2月末まで

ゲーム・アプリ

2020/01/26 12:00

名作VRアニメ2作品、Oculus Questでも無料で体験

VR動画

2020/01/26 13:00

「ウォーキング・デッド」VRゲーム、PSVR、Questに移植へ 日本語対応も告知

ゲーム・アプリ

2020/01/26 18:30

VTuber所属の事務所・プロジェクト・企業まとめ(2020年1月版)

VTuber

2020/01/26 19:45

セレブも続々投稿 ルーレット形式の“守護キャラ”フィルターが海外のインスタで流行中

AR/MR

2020/01/05 12:10

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

決して恋人の顔を見てはいけない…PSVR『メドゥーサと恋人』TGSにも展示

VRで特徴的な動作に「視る」という動作があります。VRヘッドセットを装着した状態では、頭を動かすことができるため、プレイヤーは「どこを見ているか」という視点をコントローラーにしてメニューを選択するなど、VRコンテンツでは「視ること」を使ったデザインがしばしば見られます。

この「視る」動作をゲームの設定に取り入れたVRゲームが2人プレイが可能なVRアクションゲーム『メドゥーサと恋人』です。

千葉・幕張メッセで9月21日より開催される「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」のPLAYISMブースにて展示されることが明らかになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=uT74M6mbVnE

『メドゥーサと恋人』は、見たものを石化させるメドゥーサと、その恋人の男を操作するVRロックオン・パートナー・アクションゲームです。1人はメデゥーサ役となり、VRヘッドマウントディスプレイを装着し迫りくる敵をメデゥーサとなって視点をあわせることで石化させます。もう1人は恋人の男となって、コントローラー操作。騎士として敵を切り伏せていきます。しかし、メデゥーサは恋人である騎士を見つめてしまうと石化させてしまうので注意が必要です。(一人二役プレイも可能)

本作は、ゲームエンジン「Unity」を用いたVRコンテンツのコンテスト「Made with Unity Contest PlayStation VR」より選出された作品となっており、今回国内初のPlayStation VR版の展示となっています。

なお、TGS 2017では「VR/ARコーナー」が設置されおり、各企業のさまざまなVRコンテンツが体験可能です。

(参考)
PLAYISM 公式ブログ
http://blog.playism.jp/tgs2017/


どっちを向いてもコスプレイヤー 8K画質でステレオ360度撮影してきた

2017/09/16 20:03 VR動画

『ポケモンGO』が出来るまで Niantic川島氏・野村氏がARに託した思い【CEDEC2017】

2017/09/16 20:03 テック
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集