デイリーランキング

人気VTuber総勢40名以上が夢の共演、「REALITY FESTIVAL 2 >DIVE」開催決定!

VTuber

2019/03/25 18:00

2019年春発売予定「Oculus Quest」最新情報まとめ(2019年3月版)

Oculus Quest

2019/03/24 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(3月15日~3月22日)

VTuber

2019/03/24 19:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Magic Leapのクリエイター支援プログラムが受付終了 応募約6000件

アメリカのMRデバイス開発企業Magic Leapは2018年12月15日、昨月11月から行っていたクリエイター支援プログラムの応募を締め切りました。クリエイター支援プログラムは、ARヘッドセットMagic Leap One用のアプリを制作するインディー開発チームを対象とした、開発支援プログラムです。

6000件を超える応募が集まる

クリエイター支援プログラムでは、支援の対象者として選ばれたクリエイターに対して、様々なサポートが約束されています。Magic Leapからの最大で50万ドル(約5,600万円)の資金提供の他、技術的な支援などが提供される予定です。

Magic Leapの発表によると、12月15日の締め切り日までに6,000件を超える、クリエイター支援プログラムへの応募が届いたとのことです。

Magic LeapのCCOであるRio Caraeff氏は、今回の応募件数について「我々は、もっと緩やかな(応募の)集まり方を想定していました。実際には津波のような勢いで応募が殺到しました」とコメントしています。

https://www.youtube.com/watch?v=UTX2ShoUgYI

クリエイター支援プログラムの詳細

クリエイター支援プログラムの支援の対象者となったクリエイターには、2万ドル(約220万円)から最大で50万ドル(約5,600万円)の資金提供が行われます。Magic Leap社のモーションキャプチャースタジオの使用許可や、技術的なレクチャー、マーケティングのサポートも提供されます。選ばれたクリエイターがARヘッドセットMagic Leap Oneを保有していない場合、無償でのMagic Leap Oneの提供が行われます。

クリエイター支援プログラムを通して開発されたアプリは、クリエイターが知的財産権(IP)を保有します。クリエイターが希望した場合、Magic Leap One用のアプリストアMagic Leap World以外での販売が可能です。


支援対象者の選定は、2019年2月までに行われます。クリエイター支援プログラムで製作されたアプリの最優秀作品は、2019年に開催されるMagic Leap主催のクリエイター会議「L.E.A.P. カンファレンス」で披露されます。

クリエイター支援プログラムは、今後も継続して行われます。Magic Leapによると、第2回の募集は2019年に行われる予定とのことです。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Oculus Goを魔改造

2018/12/21 11:00 Oculus Go

英ARスタートアップBlipparが倒産 資金トラブルが原因

2018/12/21 11:00 業界動向