デイリーランキング

【ドラゴンクエストウォーク】「かいふくスポットにふれよう」に調整

ゲーム・アプリ

2019/12/06 14:14

Amazonがサイバーマンデーセール、PSVRやOculus製品がお買い得!

話題

2019/12/06 17:15

【ポケモンGO】新イベント「進化ウィーク」開催 記念のレイドも

ゲーム・アプリ

2019/12/05 14:43

アイドル部、「マネージャー部」設立

VTuber

2019/12/06 21:25

【ドラゴンクエストウォーク】バージョン1.3.1配信 進行不能バグ修正

ゲーム・アプリ

2019/12/06 17:18

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

Magic Leapのクリエイター支援プログラムが受付終了 応募約6000件

アメリカのMRデバイス開発企業Magic Leap(マジックリープ)は2018年12月15日、昨月11月から行っていたクリエイター支援プログラムの応募を締め切りました。クリエイター支援プログラムは、ARヘッドセットMagic Leap One用のアプリを制作するインディー開発チームを対象とした、開発支援プログラムです。

6000件を超える応募が集まる

クリエイター支援プログラムでは、支援の対象者として選ばれたクリエイターに対して、様々なサポートが約束されています。Magic Leapからの最大で50万ドル(約5,600万円)の資金提供の他、技術的な支援などが提供される予定です。

Magic Leapの発表によると、12月15日の締め切り日までに6,000件を超える、クリエイター支援プログラムへの応募が届いたとのことです。

Magic LeapのCCOであるRio Caraeff氏は、今回の応募件数について「我々は、もっと緩やかな(応募の)集まり方を想定していました。実際には津波のような勢いで応募が殺到しました」とコメントしています。

https://www.youtube.com/watch?v=UTX2ShoUgYI

クリエイター支援プログラムの詳細

クリエイター支援プログラムの支援の対象者となったクリエイターには、2万ドル(約220万円)から最大で50万ドル(約5,600万円)の資金提供が行われます。Magic Leap社のモーションキャプチャースタジオの使用許可や、技術的なレクチャー、マーケティングのサポートも提供されます。選ばれたクリエイターがARヘッドセットMagic Leap Oneを保有していない場合、無償でのMagic Leap Oneの提供が行われます。

クリエイター支援プログラムを通して開発されたアプリは、クリエイターが知的財産権(IP)を保有します。クリエイターが希望した場合、Magic Leap One用のアプリストアMagic Leap World以外での販売が可能です。


支援対象者の選定は、2019年2月までに行われます。クリエイター支援プログラムで製作されたアプリの最優秀作品は、2019年に開催されるMagic Leap主催のクリエイター会議「L.E.A.P. カンファレンス」で披露されます。

クリエイター支援プログラムは、今後も継続して行われます。Magic Leapによると、第2回の募集は2019年に行われる予定とのことです。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。



【Mogura VR 主催のイベント】
・【申込は12月9日まで】比べてわかる、試してわかるVR/ARデバイス・モーキャプ体験会 @東京

【Sponsored Post】
・藤井直敬の「現実を科学する」 第三回:“新しい現実”と向き合うには?
・「直感×アルゴリズム♪」が5Gで見せた世界とは?
・さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ
・今までにない価値を作り続けたい――異色のテック×クリエイティブ集団の仕掛け人に訊く

Oculus創業者パルマー・ラッキー、Oculus Goを魔改造

2018/12/21 11:00 Oculus Go

英ARスタートアップBlipparが倒産 資金トラブルが原因

2018/12/21 11:00 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集