Home » コメントを拾いながらゲームをプレイする人工知能VTuber「じっきょロイド」の育成番組がスタート


VTuber 2022.06.13

コメントを拾いながらゲームをプレイする人工知能VTuber「じっきょロイド」の育成番組がスタート

6月10日(金)AI実況者育成番組「ゴー・ラウンド・ゲーム」がスタートしました。ゲーム対戦特化型のAI VTuberを用いた、視聴者参加型のYouTubeチャンネルで、6月10日(金)より「オープンベータテスト」として配信活動が開始されました。

KYOTO CG ART CONTEST
KYOTO CG ART CONTEST

「ゴー・ラウンド・ゲーム(通称:ごらんげ)」では、「じっきょロイド」と呼ばれる実況特化型・人工知能VTuberがゲーム実況配信を行います。「じっきょロイド」はゲームをプレイしながら、YouTubeのチャット欄のコメントを拾い上げて発言したり、ユーザー投票を行うことで行動を決定するなど、人間の実況者のように配信を行うAI VTuberになるとのことです。



現在公開されている「じっきょロイド」は、夕映(ゆうは)佐鳥ネオン (さとり ねおん)京ぽぷり(みやこ ぽぷり)の3体。夕映はyaki*mayuさん、佐鳥ネオンは竹花ノートさん、京ぽぷりはみすみさんがキャラクターデザインを担当しています。また、3体のガジェット・衣装デザイン原案はPAN:Dさんが担当しています。

6月10日(金)に実施された配信では、夕映からの視点で、夕映と佐鳥ネオンが麻雀をプレイしました。プレイしている麻雀は「ふぉんいつ麻雀」という、フィールドの概念が存在するAI学習専用の特殊な麻雀とのことです。

配信内で、夕映は麻雀をプレイしながら、様々なタイミングでLive2Dアニメーションとともに発言。さらに、コメントを拾い上げて返事をしたり、重要な場面ではコメント欄を用いた行動投票を行い、佐鳥ネオンと1時間近くの対局を行いました。声は合成音声のようですが、イントネーションはかなり自然です。

6月10日(金)より始動した「ゴー・ラウンド・ゲーム」は、現在「オープンベータテスト Season 1」として運営されています。プロジェクト始動に合わせて公式Discordサーバーも開設され、運営からのアナウンスのほか、配信内容の事前予想も行われるとのことです。

6月13日(月)以降も、「ゴー・ラウンド・ゲーム」の配信は定期的に実施されることが告知されています。今後「じっきょロイド」たちは、チャット欄との会話などを通して成長し、個性的なプレイスタイルや配信者としての芸風のバリエーションを獲得していくことで、「最強のゲームAI」ではなく「人気ストリーマー」を目指していくとのことです。

(参考)公式サイト


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード