デイリーランキング

【ドラクエウォーク】新上級職「スーパースター」実装など新情報公開

ドラクエウォーク

2020/09/26 16:00

【比較】Oculus Rift SからOculus Quest 2への乗り換えはアリか?

Oculus Quest

2020/09/25 19:30

思わず絶賛 ユーザー視点から「Oculus Quest 2」をレビューしてみた

Oculus Quest

2020/09/24 19:30

VRアニメーション「狼と香辛料VR2」配信プラットフォームが決定

ゲーム・アプリ

2020/09/25 17:34

【ポケモンGO】「メガヘルガー」登場 遅延問題にも対策か

ポケモンGO

2020/09/27 11:00

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

東京ドーム28個分 中国にVRテーマパーク建設中

中国・貴州省に、VRヘッドセットで楽しむテーマパークEast Valley of Science & Fantasyが登場します。同施設は今年12月に、VRローラーコースターなど一部アトラクションエリアがオープン予定です。

中国初のVRローラーコースターも登場

320エーカー(約東京ドーム28個分)の敷地を誇るEast Valley of Science & Fantasyは、未来や宇宙を旅したり、地球外生命体と出会ったり、ドラゴンの背中に乗って冒険をしたりできるVRアトラクションが満載のテーマパークです。

現在建設中の本施設は総工費が13億~15億ドル(約1,400~1,700億円)ほどかかると見積もられています。中国初となるVRジェットコースター以外にも、VRレストラン、VRシアター、VRレクリエーション施設、子供向けエリアなどがオープン予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=A4ndxtCFB7I

来場者はテーマパークに入るとすぐにVRヘッドセットを渡されることになります。同ヘッドセットには、各アトラクションで体験できるデータが搭載されています。

テーマパークには、750トンの鉄で作られる175フィート(約50メートル)ほどの巨大な像も作られる予定です。
 

12月に一部エリアがオープン予定

同テーマパークにはアトラクションだけでなく、研究・開発のためのVRプロダクション施設なども作られる予定です。エンターテインメントとしての側面以外にも、中国やアジア全体のVR産業の拠点となるような施設になるかもしれません。

East Valley of Science & Fantasyは、Oriental Times Media Corporationにより中国・貴州省に建設中。12月には、VRローラーコースターやロボットパークを含むエイリアンベースエリアが体験可能になる予定です。

残りの施設は段階的に一般公開を予定しています。

(参考)
China’s Billion Dollar VR Theme Park Is Nothing Short Of Colossal / VR Scout(英語)
https://vrscout.com/news/china-vr-theme-park-guiyang/

Mogura VRは、VR Scoutとパートナーシップを結んでいます。


VRで人間の動きを学習するロボットAI 700万ドルの資金調達

2017/11/21 11:30 投資

VRで自分の部屋を好きなだけ模様替え『TrueScale』

2017/11/21 11:30 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集