デイリーランキング

【ポケモンGO】世界規模のサーバーメンテナンスが実施。6月2日

ポケモンGO

2020/06/01 11:45

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(5月23日~5月29日)

VTuber

2020/05/31 19:30

VTuberと話せる「Luppet Cafe」閉店、営業自粛要請の影響で

VTuber

2020/06/01 12:00

「にじさんじ」のいちからと任天堂が契約締結、法人としてのゲーム実況収益化を許諾

VTuber

2020/06/01 16:58

「ホロスターズ」3期生が話題を集める理由は? これまでの活躍を振り返る

VTuber

2020/05/30 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

“VR対応のトイレットぺーパー型トイレ”、CES 2020に出展

アメリカの消費財大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のトイレットペーパーブランドCharminは、2020年1月7日から開催されているCES 2020に、VRに対応したトイレットペーパー型仮設トイレ「V.I.PEE」を出展しました。

トイレでOculus Rift S

「V.I.PEE」はCharminのCharmin GoLabがCES 2020に出展した3つの体験可能なプロトタイプのうちのひとつ。「V.I.PEE」“究極の仮設トイレ(体験)”を目標としており、トイレ中にVR(Oculus Rift Sを使用)を楽しめるように設計されました。トイレ内には2基のサラウンドスピーカーも設置されています。

「V.I.PEE」が実際に販売されるかは不明ですが、同トイレのコンセプトは(ある意味)斬新なものとして評価できるでしょう。米メディアVRScoutの記者は、トイレのために個別のVRヘッドセットを備え付ける点に疑問を呈しつつも「個別のVRデバイスを(トイレに)備え付けることを考えるたびに、V.I.PEEをより本物の製品として捉えてしまう」と自身の見解を述べています。

なおCharminは、「V.I.PEE」以外にもBluetoochで連動させたスマートフォンを使用してトイレットペーパーを運搬してくれるロボット「RollBot」や、トイレ内の悪臭が規定値を超えた場合に警告を発してくれる「SmellSense」をCES 2020に出展しています。

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


ARに近い機能も搭載、ベンツから映画「アバター」イメージのコンセプトカー

2020/01/09 20:00 業界動向

「情報にアクセスしやすくする」ボッシュの網膜投影スマートグラスは普及を強く意識【CES2020】

2020/01/09 20:00 業界動向
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集