デイリーランキング

世界最大級の地下空間“龍の巣”にカメラ潜入 NHKが360度映像公開

VR動画

2020/02/21 13:07

HTC、VRヘッドセット「VIVE Cosmos」新たに3機種を発表

VIVE

2020/02/21 00:12

小型軽量へ HTC、次世代VRヘッドセットのコンセプトデザインを発表

VIVE

2020/02/21 00:46

【ドラクエウォーク】バージョン1.7.0配信 メインクエのあらすじが確認可能に

ドラクエウォーク

2020/02/21 15:57

名取さなロングインタビュー Vのオタクを喜ばせるためにできることは?

VTuber

2020/02/22 11:30 New

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

“VR対応のトイレットぺーパー型トイレ”、CES 2020に出展

アメリカの消費財大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のトイレットペーパーブランドCharminは、2020年1月7日から開催されているCES 2020に、VRに対応したトイレットペーパー型仮設トイレ「V.I.PEE」を出展しました。

トイレでOculus Rift S

「V.I.PEE」はCharminのCharmin GoLabがCES 2020に出展した3つの体験可能なプロトタイプのうちのひとつ。「V.I.PEE」“究極の仮設トイレ(体験)”を目標としており、トイレ中にVR(Oculus Rift Sを使用)を楽しめるように設計されました。トイレ内には2基のサラウンドスピーカーも設置されています。

「V.I.PEE」が実際に販売されるかは不明ですが、同トイレのコンセプトは(ある意味)斬新なものとして評価できるでしょう。米メディアVRScoutの記者は、トイレのために個別のVRヘッドセットを備え付ける点に疑問を呈しつつも「個別のVRデバイスを(トイレに)備え付けることを考えるたびに、V.I.PEEをより本物の製品として捉えてしまう」と自身の見解を述べています。

なおCharminは、「V.I.PEE」以外にもBluetoochで連動させたスマートフォンを使用してトイレットペーパーを運搬してくれるロボット「RollBot」や、トイレ内の悪臭が規定値を超えた場合に警告を発してくれる「SmellSense」をCES 2020に出展しています。

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

ARに近い機能も搭載、ベンツから映画「アバター」イメージのコンセプトカー

2020/01/09 20:00 業界動向

「情報にアクセスしやすくする」ボッシュの網膜投影スマートグラスは普及を強く意識【CES2020】

2020/01/09 20:00 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集