デイリーランキング

「マトリックス4」が制作決定! ブランク期間に発展した技術は?

話題

2019/08/21 18:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

VTuberが銀座のスナックでママに!? 「バーチャルスナック」がオープン

VTuber

2019/08/22 17:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

バーチャルタレント制作・企画グループ「ANIMAL STUDIO.」が設立 VTuber「ANON」が所属

VTuber

2019/08/22 12:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

アジア最大規模の映画祭に日本からVR作品出展、VRホラーと「ゲゲゲの鬼太郎」

10月4日から韓国・釜山で開催される釜山国際映画祭において、VR作品のラインナップが発表されました。日本からもVR映像作品が「VR Movie」部門、「VR Experience」部門にそれぞれ1作品が出展しています。

日本国内から2作品がプログラムに

釜山国際映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認、アジア最大規模の映画祭です。「アジアを中心とする世界映画に新しいパラダイムを」をスローガンに掲げ、1996年に開始しました。

360度コンテンツやVR映画を扱う「VRシネマ」部門は2017年にスタートしました。映画祭の公式イベントとして、VRコンテンツの上映やVRに関するカンファレンスを行います。昨年は日本から出展した特撮VR作品「ウルトラマンゼロVR」や、VRスプラッタ・ホラー映画「天獄処理工場」、「領域」などが上映されています。

2018年はVRホラー映画「GR -Ghost Reality-」、マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」50周年記念プロジェクトの一貫として制作されたVRコンテンツ「ゲゲゲの鬼太郎 魂とアート VR魂の送り火」が出展しています。日本発のVR映画やVRコンテンツがどのように受け入れられるのか注目です。


(大畑創監督によるVRホラー映画「GR -Ghost Reality-」。引っ越した家に何者かの気配を感じた母と娘が霊媒師を呼ぶが……。幽霊の視点で描かれた作品となっているのが特徴だ)


(「ゲゲゲの鬼太郎」の50周年記念プロジェクトの一貫として制作されたVRコンテンツ「魂の送り火」。夜空に人魂が浮かぶ、美しく幻想的な映像が目を引く)

(参考)釜山国際映画祭 公式Webサイト


VTuber「華香院つばき」の公式Live2Dモデルが無料配布

2018/09/29 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

倒れたビルの側面を踏み締め、生き抜く決意を抱く。PSVR対応「絶体絶命都市4Plus」【TGS2018】

2018/09/29 19:00 PlayStation VR(PSVR)

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集