Oculus Rift、1.11アップデートで3台以上のセンサーによるルームスケールに対応


Oculusは、3台以上のマルチセンサーに対応し、死角のないルームスケールトラッキングを可能とするOculus Rift & Touch の1.11アップデートを実施しました。

3台以上のカメラを用いた360度トラッキングに対応

今回のアップデートでは主に、Touchコントローラーのトラッキング修正や3台以上のマルチセンサーへの対応、ルームスケールの境界を示すガーディアンシステムの改善など、実験的な「360度トラッキング・ルームスケール」のサポートを拡張しています。

Oculusは昨年12月にTouchモーションコントローラーをリリースしましたが、推奨の2台を超えた3つ以上のセンサーを用いて死角のないトラッキングができないという問題がありました。

最新のRiftアップデート1.11では、360度トラッキング(3台以上のカメラ)の“実験的な”センサー設定と、手の位置や手の向きの乱れに対処するための調整が強化されています。

Riftアップデート1.11はOculus Homeで入手可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=abTo0JpjNyg

アップデート内容

・Oculusセットアップを繰り返すときに、コントローラーのファームウェアの更新をスキップ可能に。
・ガーディアンシステム(ルームスケールで動ける範囲を示す壁と床の境界)の視認性の向上。
・セットアップ中のOculusセンサー位置決めの指示を改善。

バグの修正

実験的なルームスケールと360度サポート関連

・マルチセンサー構成とガーディアンシステム設定のキャリブレーションの問題を修正。
・Touchコントローラーのトラッキングの改善として、細かいぶれ、手の位置・向きの乱れを解消。
・Touchコントローラーが検出されなくなるセンサーの問題を修正。
・VRでの床の高さに関する安定性の問題を修正。

ガーディアンシステム関連

・Riftヘッドセットが使用されていなかったときにガーディアンシステムの境界が移動する問題を修正。
・Touchコントローラーがガーディアンシステムによって検出されないトラッキングの問題を修正。
・ガーディアンシステムの境界に関する信頼性の向上。

Oculus Rift、Touchのセットアップ関連

・Riftヘッドセットのレンズ位置を調整するためのVRスクリーンの視認性の向上。
・OculusソフトウェアでのOculus StoreとOculus Libraryの検索性を向上。

(参考)
Road to VR / Oculus Rift & Touch 1.11 Update Brings Improved Touch Roomscale & Multi-Sensor Support(英語)
http://www.roadtovr.com/oculus-rift-touch-1-11-update-brings-improved-touch-roomscale-multi-sensor-support/

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ