Google、新たなVRプラットフォームDaydreamの開発キットを公開

Googleは、5月18日発表した新たなVRプラットフォームDaydream向けのコンテンツ開発キットを含む「Google VR SDK」を専用ページで公開しました。

高品質なDaydream、より手軽なCardboard

今回、公開された「Google VR SDK」はDaydreamとCardboardの2つのプラットフォーム向けのコンテンツを開発するためのプラグインです。

Google VR SDK

高品質なスマホVR体験を目指すDaydream向けに公開されたのは、ゲームエンジンUnityのSDK、Android SDKです。iOS SDKはCardbordのみでDaydreamに対応していません。

各SDK、サンプルはGoogle VRのGithubで公開されています。

秋に発売されるDaydream向けの開発に向けて

Daydreamは、手でデバイスをもって使用する簡易なCardboardと違い、ヘッドセットにスマホを装着して体験するより高品質なVRを実現するものです。

対応スマートフォンやヘッドセット、コントローラーは2016年秋に発売されます。

それ以前に開発者向けに開発機材として推奨されているスマートフォンはファーウェイが発売している「Nexus 6P」です。秋に発売されるDaydream向けのスマートフォンに性能面では劣るものの、ヘッドセットに装着して短時間でもDaydream対応コンテンツを動作させることができるとしています。

次点としてAndroid Kitkat以上を搭載したスマートフォンを挙げており、コントローラーのシミュレーションは可能とのこと。

検証用の機材としては手で持つCardboardタイプのデバイスではなく、頭に被るタイプのヘッドセット型のデバイスを推奨しています。

今後、Daydream向けに高品質なスマホVRアプリの開発が進むことに期待したいところです。

(関連記事)
Google、高品質なスマホVRのためのプラットフォームDaydreamを発表。Android NのVRモード、VR対応スマホ、VR内ホーム画面など

関連するキーワード: DayDream

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ