世界中を飛び回る 『Google Earth VR』Oculus Rift版が無料配信

衛星写真から世界中の地形を再現している「Google Earth」。VRでその中を自由に飛び回ることのできるアプリが『Google Earth VR』です。

これまでPC向けヘッドマウントディスプレイHTC Vive向けに提供されていましたが、4月19日より同じくPC向けのOculus Rift向けの配信が始まりました。

グーグルでこのプロジェクトの発起人でリードエンジニアのDominik Kaeser氏は『Google Earth VR』によって「より多くの人に地球を掴んで回して、飛び回る体験をしてほしい」と述べています。

Oculus Touchコントローラーを使い、地球上のあらゆる場所に行くことができます。

Dominik Kaeser氏は自身の体験を振り返り、「妻と南米に6週間の旅行に行ったとき、下見に『Google Earth VR』を使い、さらに帰ってきたあとも旅を振り返るために『Google Earth VR』を使った」とのこと。手軽に世界を旅することで、実際の旅行にも良い効果があるというエピソードを披露しています。

Steamでは1,074件中1,035件以上の「良い(positive)」という評価がついています。

またソフト自体のアップデートも同時に行われ、検索機能が追加されました。グーグルは、フィードバックを反映しながら、今後もアップデートを行っていくので、ぜひフィードバックを送ってほしいと呼びかけています。

『Google Earth VR』Oculus Rift版はOculus Storeで無料配信中です。

(参考)
Oculus
https://www.oculus.com/blog/oculus-touch-tuesdays-google-earth-vr/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ