カプコン、怪獣になり街を破壊するVRアトラクションを設置

株式会社カプコンは、アミューズメント施設向けとして、VRを使用した新作タイトル『特撮体感VR 大怪獣カプドン』を2016年9月16日(金)に稼働することを発表しました。9月8日(木)に公式サイトもオープンされています。

特撮体感VR 大怪獣カプドン

『特撮体感VR 大怪獣カプドン』は、プラサカプコン吉祥寺店にて体験できるVRアトラクション。VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)のHTC Viveを使用し、両手両足に4本のコントローラーを装着することで楽しめる作品です。

特撮体感VR 大怪獣カプドン

内容としては、プレイヤーが怪獣になって街を破壊し、防衛隊と戦いながら、さらわれた子供怪獣を救い出すというもの。プレイ中にどれだけ街を破壊できたか、被害総額のスコアを楽しむことができるとのこと。公式サイトでは、商品の概要や、実施にプレイ可能な店舗紹介、そして本作のプロモーションムービーも公開される予定です。

特撮体感VR 大怪獣カプドン

本アトラクションは13歳以上が対象。プレイ人数は1人となっており、プレイ料金は500円。体験時間は約10分(内VR体験:約3分)ほどとなり、web上での事前予約は無く、店舗での当日受付となります。運営時間は12:00~20:00です。

(参考)
『特撮体感VR 大怪獣カプドン』 公式サイト
http://www.capcom.co.jp/arcade/capdom/

関連記事はこちら

この記事を書いた人