デイリーランキング

あなたはどのライバー似?月ノ美兎が作った「にじさんじのタイプ診断」がリリース

VTuber

2021/10/17 18:20

車が飛び出した……!? 青山通りに仕掛けられたBMWの3D映像に注目

VR動画

2021/10/11 20:36

東京ジョイポリスで「FAR CRY」と「アサシンクリード」VRを体験、原作の面白さを再発見できる仕掛けに驚き!

VR体験施設

2021/10/16 12:00

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月9日~10月15日)

VTuber

2021/10/17 19:30

【ドラクエウォーク】バージョン3.2.0に更新。なかまモンスター関連の不具合などが修正

ドラクエウォーク

2021/10/16 11:20

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(9月18日~9月24日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

今回紹介した動画のYouTube再生リストはこちら

大切なお知らせ

https://www.youtube.com/watch?v=dvv-QusjNQk

東雲めぐがアップした「大切なお知らせ」動画は、安心感のあるサムネイルでした。真顔に集中線。あっこれは悪くないやつだ!
どうしてもVTuber界隈は「大切なお知らせ」と書かれていると、休止や引退など不安が先走るのですが、そういう心配を払拭する配慮が完璧にできています。爽やかにネタを見せる、エンターテインメント性を持った動画です。

内容のフリーダム度が半端じゃない。こんなに幸せな気分になれる、自由に好き勝手した「大切なお知らせ」動画なかなか見られません。GUGENKAからの独立を表明した動画なのですが、「独立=自由」という良い側面を楽しく見せてくれます。幸せなことをみんなと共有する見事な告知動画でした。

https://www.youtube.com/watch?v=AvTCpMiuZ6g

以前アップされて多くの人を困惑させた、某アニメのパロディも正式アップされました。東雲めぐの演技力の高さが尋常じゃない上に、パロディも完璧。元ネタを知っている人じゃなくても必見です。

【要注意⚠】沖縄でやってはいけないこと Part2!

https://www.youtube.com/watch?v=pH0Z3BDsisg

根間ういは沖縄あるあるネタを頻繁にアップしている沖縄観光推進VTuber。今回は沖縄に旅行に来た人がやりがちな危険な行動をまとめた「沖縄でやってはいけないこと」の第二回目。特に、命にかかわるやってはいけないことが多数、めちゃくちゃにシビアな内容を楽しく語っています。

さらっと解説していますが、不発弾が出てくるとか米軍車との事故とかのような、沖縄の歴史が抱えるヘビーすぎるネタも。こういうのは言われないとわからないので、本当にありがたい内容です。また紫芋を持ち帰ることがNGな理由も背筋が凍るレベルの内容。日本国規模の恐ろしい話を、優しく不安になりすぎないように、子供でも理解できるよう解説しているさじ加減が見事です。

失 禁 し ま し た

https://www.youtube.com/watch?v=9IzT7UNxykc

タイトルとサムネイルでみるといかがわしさ100%。あおぎり高校が行ったのは失禁体験装置を使用してみるというもの。この装置は身体に装着すると、全く濡れていないはずなのにおもらしした感覚が再現される、普段味わえない状況を実体験させることで理解を深めるまじめな装置です。

濡れてないのに「濡れてる!?」「本当に出してない?」と素で反応する様子が面白い。尿失禁に悩む人の気持ちを体験しつつ、笑って共感できるというのが目的の装置、かなりリアクションで笑えますし、体験もしてみたくなる映像です。疑似体験なので、これ自体がある意味バーチャル。
ちなみにVTuberでは三珠さくまるとIMAGINAが体験済み。こちらも本気でも漏らしている感覚の錯覚がすごい。リアクションが面白いので他の方にもやってみてほしいところです。

リアル5才児にきいてみた。

https://www.youtube.com/watch?v=LDb8hHVYhMY

ぽんぽこピーナッツくんは26日までおやすみ中。ところがまさかの新作動画がアップされました。登場人物はリアル5才児ひとりだけ。このりつくんにぽんぽことピーナッツくんについてインタビューする、という今までにない動画スタイルに、ファンもびっくり。

ぽこピー動画は特に層を指定しないタイプの、老若男女問わず楽しめる内容で作られていますが、まさか本当に5才も楽しめるのか!?と思いきや概要欄に種明かしが。
とはいえ見た目も声もキャラ性も動画内容も、キャッチーなのは間違いない。常に新しい挑戦をし続けているふたり、次は何をしてくれるのかと、いつも楽しみです。ぽこピーの動画を親と見ている5才児も、もしかしたらいるのか…?

【Vtuber配信者必見】YoutubeShortやったら凄い事に【たみー/Vtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=rfmy5hf1CNI

声優・民安ともえのVTuberの姿たみーが行った配信は、自身がアップしたYouTubeShort動画と、それに付随した数字を明示する、かなり興味深いもの。彼女は毎日YouTubeShortをアップし続けた所、急に登録者が増加する結果を得ました。しかし一筋縄ではいかなない特殊な流れだったのを解説しています。

11日連日でYouTubeShortをアップしたところ、その日の内ではなく後になってから急増した、というのが興味深い。つまりVTuber好き層ではなく、動画好きで今まで見ていなかった層が、動画が続くことで「ここは面白いのではないか」と感じて登録したため、タイムラグが発生していたようです。ひとつバズればいいわけではなく、いくつもコンテンツがあることの大事さがよくわかります。配信を見る層と動画を見る層も、異なるのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=TxwsHRcyLG0

また今回伸びたのは、エロゲ声優あるあるの内容だったことも明かされています。需要がどのくらいあるのかわからなかったものが、実際に箱を開けてみると大バズり。その動画自体彼女のような特殊な経験をしている人(声優とVTuberの兼業)じゃないと出てこないものなので、見るべき価値のある貴重な内容として捉えられたのかもしれません。
ものすごく多く増えているVTuberの配信の中だと探すのが大変。その中でYouTubeShortは1分と見やすくループもしやすい上に、TikTokのように流れでたまたま見てもらえる可能性もある。多くの人に見てもらいたいというVTuberにとって注目すべき機能です。

【#ホロスタ名言王】ホロスターズの名言力を確かめます【夕刻ロベル/奏手イヅル/岸堂天真/影山シエン】

https://www.youtube.com/watch?v=DaXL09uTfY0

夕刻ロベルのチャンネルで、ホロスターズメンバーの「名言力」を試す配信が行われました。アニメやマンガには名言があるものだけど、ホロスターズにはない!ということで、名言を生み出すのが得意そうな、奏手イヅル岸堂天真影山シエンの三人を招待。配信内で名言を生み続けました。

どこまで大喜利化するかのさじ加減難易度が高い配信。その中でも奏手イヅルの「悩んだりしたことないなぁ、悩んでみたことはあるけれど」のように、なんとなく名言っぽいかっこいいものもあり、逆に「オムツとオヤツは紙一重」というなんだかわからないけど記憶してしまうものも。それぞれの個性が尖った名言と迷言揃いの配信になりました。

【#オグリキャップ】大好きすぎるオグリの一生を語る配信【星めぐり学園/オグリメル】

https://www.youtube.com/watch?v=t8h1rAAk5YQ

競馬大好きVTuberのオグリメル。彼女が行ったのは念願のオグリキャップ解説配信。無数の伝説を残した人気の芦毛馬について、その実際の歩みを丁寧に解説しています。かなりしっかりまとまっている紹介なので、競馬にあまり詳しくない人にもおすすめです。

見どころは、有馬記念ラストランの解説。実際のラストランの様子をオグリメルがまるまる1レース実況再現しています。力強くテンションマックスな彼女の実況は、当時の迫力を伝えるには最高の方法です。競馬の面白さをよく知っている彼女ならではの再現解説配信でした。

イタズラSTREAM【緋赤エリオ/オリジナルソング】

https://www.youtube.com/watch?v=88p9P2tEQCI

緋赤エリオがアップしたのは、明るさあふれるポップチューンのオリジナルソング。ちょっといたずらっ子っぽい歌い方が非常に印象的。全編に渡ってどこを聴いても元気になれる作品です。

くだらないおしゃべりをする毎日の幸せさがいっぱい。弾むような歌い方は全編楽しそうで、聴いていてその心地よさが伝染してきます。それでいて歌詞が、繊細な心の機微を表現しているのもポイントが高いです。

https://www.youtube.com/watch?v=9YKzmYX_AB0

https://www.youtube.com/watch?v=recC9r4kxQ4

ダークだけどポップで物語性の強い「クロックブレイカー」、等身大の女の子を描いた「モーニングコール」など、独特なポップさとユニークさのある緋赤エリオのオリジナルソングの作風は、かなりくせになります。歌唱スタイルが個性的でかつ耳に馴染みやすいため、リピートして聴きたくなる作品です。

meguri / sobune saki 【lofi & chill & sax】

https://www.youtube.com/watch?v=GRrNAZ90yIs

初吹音さきはバーチャルサックスプレイヤー。今回はlo-fiチルミュージックに乗せて、サックス演奏を披露しています。穏やかながらも情感あふれるサックスの音色は、プレイヤーの実力を感じさせる豊かなものになっています。バーチャルで楽器を演奏する人自体まだ少ない中、独自の世界観を持つサックスプレイヤーがいるのはかなり貴重です。

https://www.youtube.com/watch?v=fnQ2WZcqQvk

https://www.youtube.com/watch?v=FDOX0TvHDH0

3Dでの演奏配信も行っている初吹音さき。バーチャルのサックスプレイヤーとして、ジャズを楽しませる力量は動画でも一目瞭然。是非今後セッションなどもしてほしいところです。

【オリジナル】痂【アマクサナナシ】

https://www.youtube.com/watch?v=ggkf87v9FPM

エモを叫ぶVミュージシャン・アマクサナナシ。今回の新曲も入りの歌声から感情を殴りに来ます。タイトルの「痂」は「かさぶた」と読みます。かつて幼い頃の楽しかった日々から年を取り、心の痛みをタバコでごまかし、気づけば痛みはすっかりかさぶたに。悲しみを歌うのではなく、その先の諦念を歌う、激情と達観入り交じる作品。その中に一筋さす光も含め、激しくも儚すぎる表現の歌声は、このシンガーならではのもの。画面にゴリゴリ描かれる手書き文字とあわせて、まっすぐな歌を味わってみてください。

【MV】夢川かなう 1st Single『アイリス』

https://www.youtube.com/watch?v=fV3pyvWnnk0

オリエンタルとポップカルチャーを融合させたファッションが魅力の夢川かなうが、1stオリジナル曲を披露しました。和っぽい音色を交えつつ(途中新衣装にあわせた胡弓っぽい音色も?)、明るいメロディと心地よいリズムが刻まれる作品です。かなり低音が多く歌いづらい音域も入っていますが、しっかりと自身の表現力で歌い上げており、その安定感が曲全体の温かみにつながっています。高音パートの広がるような歌声の心地よさも魅力的です。

https://www.youtube.com/watch?v=KiPxzf8hq08

その他にも数多くの歌ってみた動画をアップしている彼女。音域が広いと同時に、優しさと切なさを表現することに長けているので、是非チェックしてみてください。

【オリジナル曲】ラブマイセルフ / 九十九おり【Vtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=FYm7-rcdU7s

九十九おりの新作は、アンニュイ度マックスの歌声と歌詞とイラストが心にのしかかるダウナーソング。学生の身近な日常のやりきれないことをつづりながら「生きてるのもめんどくさい」と歌います。と言ってもハードなできごとがあるわけではなく「来ないリツイート」「インスタ キラキラしてて嫌い」のようなごくありふれた出来事が言葉として並ぶから、共感度もマックス。だからなのか、ダウナーなのにリズムにあわせて踊りたくなる、不思議な作風です。
暗くなりすぎない、だるすぎもしない、かと言って明るくはない適度なさじ加減の歌声が見事。昼食後の昼下がりに聴いて、思いっきりけだるさを満喫したくなる作品です。

AWAKE24

https://www.youtube.com/watch?v=2Iay05h1scI

https://www.youtube.com/watch?v=9gBpuUHyG68

https://www.youtube.com/watch?v=1w4biVBiC_Y

9月18日に音楽イベント「AWAKE24」がVRChat内ライブとして開催されました。なんと24時間ぶっ続け。ありとあらゆるジャンルのVミュージシャンが集結しました。
現在はライブパートのアーカイブが残っているので、当日見られなかった人もチェックできます(2・3はDJパートなので残っていません)。
VブルースロックバンドのJOHNNY HENRYをはじめ、PHAZEYSS奏音リリィAMOKAなど様々なアーティストがステージで音楽を披露。ライブハウス型のリアルなサイズのステージが魅力的です。VRステージに逆にリアルの人間が入って演奏するシーンもあり、かなりボーダレス。

VRChatの仕様上どうしても入れる人数が限定されるのですが、こうやってYouTubeに配信を残してくれることで当日の雰囲気が体験できるのはありがたい。会場はまんまライブハウスなので、機会があれば是非参加してみたくなる音楽の祭典でした。

【歌ってみた】0verf1ow / Covered by 獅子神レオナ×久檻夜くぅ【FUZI × Neru】

https://www.youtube.com/watch?v=-AbLPfjIsf8

久檻夜くぅ獅子神レオナがアップしたカバーMVで印象にガツンと残るのは、やはり高速の英語ラップパート。本人は「ムズカシカッタ」と書いていますが、そうは思えないほどのかっこよさです。サビパートではふたりの声がハモりながら堂々と響かせており、歌の実力を感じさせます。凄まじいスピードの打ち込み音に負けじと乗りこなすような、パワフルな作品に仕上がっています。

Surges / Orangestar 歌ってみた【オリジナルMV】

https://www.youtube.com/watch?v=aDy6MbN8uS8

軽やかな歌声がうねる青春。山崎しずくのカバーMVはポップな歌声がハモり、重なり響き合う感覚がかなり印象に残る作品です。疾走感のある曲調に、勢いのあるタイポグラフィが次々かぶる。音のレイヤーが重なることでどこまでも響いていくMIXも巧みで、青空に向かってとびだしていくかのよう。低音から高音まで、彼女の声がみずみずしく共鳴する作品です。

過去のおすすめ記事はこちらから:
必見!今週のおすすめVTuber


ポーランドの女性歌手が自分の身体を3Dスキャンし、分割したボディを販売

2021/09/26 19:30 話題

フェイスブックがVR/AR部門トップを次期CTOに、MRグラスのNrealが1億ドル調達 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/09/26 19:30 業界動向
VR/AR/MR 用語集