デイリーランキング

【ポケモンGO】ポケストップの位置情報編集機能が再び利用可能に

ポケモンGO

2020/08/13 11:23

YostarはなぜVTuberに注目したのか?広報担当者インタビュー

VTuber

2020/08/12 19:30

【ドラクエウォーク】新ふくびき「新SP装備ぐくびき」登場

ドラクエウォーク

2020/08/13 17:51

発表はもうすぐ?「Oculus Quest 2」これまでの噂まとめ

Oculus Quest

2020/08/12 19:00

描いた絵が動き出すアプリ「らくがきAR」SNSで話題に

ゲーム・アプリ

2020/08/04 15:11

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(6月6日~6月12日)

日々クオリティの高い作品がアップされ続けている、VTuber(バーチャルユーチューバー)の動画。その中から独断と偏見で「この動画は是非見て欲しい」というものをご紹介。話題のものから個性派まで、要チェック!

【検証】炭酸で割ったら美味しく飲める調味料ランキング!!!【富士葵】

https://www.youtube.com/watch?v=ZHpFViQlSXU

富士葵の色んなものを食べて挑戦するシリーズ、いかにもバーチャルな「YouTuber」というノリが楽しいのですが、今回は「調味料を炭酸で割って飲む」というむちゃくちゃなもの。そりゃどれもおいしい気がしない。

ただ富士葵のこの手の挑戦シリーズは、独創的だけど行きすぎたことはしない(身体にヤバいことはしない、汚くない)ので、挑戦ネタ系では非常におすすめしやすいです。実写ではないがゆえに、エグそうな絵面の映像もないので、すっきり見やすい。
かつ富士葵が表情豊かなので、リアクションがばっちり見えるのも楽しい。語彙力が多いこともあって、反応がいいバランスのエンタメになっています。子供から大人まで、昼下がりの気持ちのリセットにおすすめしたい。他にもはちみつが入った商品「アラビックリヤマト」に対抗して、アラビックヤマトに何を入れると便利かの挑戦は、自由研究的でユニーク。

https://www.youtube.com/watch?v=2WneniGdEwg

歌姫・富士葵としての活動もしっかり行われ、MVもアップされ続けています。こつこつ地道で、かつ彼女の実力が見える活動を続ける富士葵のチャンネルは、安心して帰ることのできる実家のような居心地のよさがあります。

HorrorGame【GOHOME】Trailer

https://www.youtube.com/watch?v=hKpMj5tr1f0

市松人形Vtuber市松寿ゞ謡制作のホラーゲーム「GOHOME」の完全版トレーラーが公開されました。以前のβ版ではその痛烈なビジュアルで多くのVTuberにプレイされ、話題になっていました。

今回はさらに映像面での充実が図られ、より世界観が深くなりました。市松寿ゞ謡の表現する世界は不安定感にゾワゾワさせられるホラー味と、極彩色にすら感じる躁状態な艶やかさが魅力。完全版は6月16日にSteamで配信とのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=Y32GLrhDcSc

他のVTuberと旅行した「まぼろし博覧会」の映像は、彼女のイマジネーションの源流の一部を垣間見ることができます。非常にカオスで猥雑でハッピーで埃っぽい。かなり人を選ぶ施設ですが、好きな人にはどんぴしゃな映像のはず。後日談もあわせて是非。

ASMR Personal Attention – YANDERE Edition -【VR Headpats/360度VR動画】

https://www.youtube.com/watch?v=HydcbU9zR7E

夏実萌恵の360度動画は、普段から自分と彼女のやりとりを見せてくれるものがメイン。今回はYANDERE Edition、つまり「ヤンデレ」。まずは右を向いてドアを見よう。

怪しくヤバい空気なのかと思いきや、話の流れは新型ウイルス対策について。これは健康を護るための愛、なのか…? 是非スマホVRなどを利用して、彼女の愛の鎖を感じよう。
他にも夏実萌恵は数多くの360度VR動画をアップしています。いずれも趣向を凝らしたものばかりです。

【漫画】もしも女子刑務所に入れられたら?夜の実態が明らかに…【アニメ】【マンガ動画】

https://www.youtube.com/watch?v=qAO7m_OogK8

奇想天外あにびっと! のチャンネルは、774inc.のメンバーがデフォルメ化されて登場する漫画スタイルのネタ動画シリーズをアップしています。今回は女子刑務所の話。あにまーれの日ノ隈らん柚原いづみが囚人役で登場しているのですが…。

直球でシモネタです。どこまで本当なのか、信じるかどうかはあなた次第。キャラクターがほんわかかわいらしいので、結構どぎついネタでもふわっと流せる強度はあります。だからなのか、このシリーズ普段の774inc.のメンツでは言わないような過激なネタもバンバンやります。もちろん演技なのですが、ファンから見ると特別感があって楽しいシリーズ。無茶しない程度に、面白い話を続けて欲しいところ。このシリーズ、更新頻度がかなり高いです。

【エッッッッ】”美少女ゲーム雑誌”の魅力、餅月ひまりが教えます!テックジャイアン、メガストア、BugBug全部読む【ロゲー】

https://www.youtube.com/watch?v=5GEX7jGonwI

エロゲー大好き餅月ひまりがアップしたのは、今でも紙で雑誌として販売されている「美少女ゲーム雑誌」についての熱い語り。主に「テックジャイアン」、「メガストア」、「BugBug」をメインに紹介しています。さすが餅月ひまり、ソフマップでバイトしていただけのことある。

エロゲ雑誌を読み解くことで、それぞれの雑誌の味の違いがわかって興味深い。テックジャイアンは学園モノが好きって本当なんでしょうか。
後半の「エロゲプレイヤー高齢化」の話はかなり衝撃的な話かも。エロゲー文化直撃世代から続く40代・50代以上のプレイヤーは今も多いことを考えると、これはなかなかリアル。
毒舌を吐くわけではないけれども痛いところをチクチクついてきたり、自分も巻き込まれて自爆したりするのが(開き直った後の)餅月ひまりの味です。

リア充でも底辺でもないやつあつまれ~!キョロ充グランプリ【卯月コウ/にじさんじ】

https://www.youtube.com/watch?v=TMIQAcWSrJQ

卯月コウの配信で扱われたのは「キョロ充」の話。陰キャほど厭世的に光に目を背けず、リア充・陽キャになりたくてキョロキョロ追いかけてなりきれない、居場所の見つからない人間たちのことです。だからこそ陰キャより一層痛々しいし、哀しみがあふれているし、共感が強すぎて笑えない。
視聴者から集まったキョロ充のエピソードは、オタクにマウントを取るためにバカにしたり、陽キャに負けたくなくて腹に憤りを溜めていたりで、自己のなさで聴いていて悲しくなるものばかり。これを卯月コウが卓越した語彙で読み解き、共感したり鋭く切ったりし、そして良さを見つけていきます。癒そうとする姿勢ではないからこそ、そんなモヤモヤを抱えた人間が歩み続けることを肯定していく強さがあります。
集まっているキョロ充エピソードは大体が物語形式で、これが人間の真実をついた文学的な文章が多いため、見ごたえ抜群。是非投稿された文章もじっくり見てみてください。

【ぼっちで果てまでいってQ!】オーストラリア徘徊【ホロライブ/赤井はあと】

https://www.youtube.com/watch?v=Gn3DySrXfBk

オーストラリアのメルボルンに在住の赤井はあと。新しい企画として、一人であちこち旅をするバラエティ番組「ぼっちで果てまでいってQ!」をスタートしました。

一人で徘徊しながらオーストラリアの街を撮影し、その様子を動画化。そこに「ミッション」をいくつか用意してチャレンジ。テロップとナレーション、旅行中の赤井はあとの発言など、テレビ番組さながらの凝った構成。合間合間にクイズも。
VTuberの旅行エンタテイメントとして非常にこだわって作られた内容です。動画で撮った自分のナレーションに対して、配信中セリフツッコミするのも楽しい。チャレンジ精神に満ちた企画、何でも飛び込む行動力、丁寧な準備、そして何より視聴者が混乱するほどの無軌道なスピード感。赤井はあとの魅力がギュウギュウに詰まったオーストラリア旅行記です。

【#本棚コラボ】みんなの本棚見せて~【Vtuberコラボ】

https://www.youtube.com/watch?v=YZ6Uu5AiV14

読書会系VTuberの書三代ガクトが行ったのは、文系の人ならテンションがあがってしまう、あなたの本棚見せてくださいコラボ。読書家VTuberが多数集まって、自分の本棚とおすすめの本のプレゼンをしてくれます。

それぞれのオススメ本も、本猫カーターは「芥川龍之介研究」、駒山キリは「栞と紙魚子と夜の魚」、ラブコメじじい相田コメゾウの「あーとかうーしか言えない」、沖春城の「韓偓集繫年校注」とVTuberの個性様々。本好きなら見ているだけで楽しい、そして「自分もやりたい!」と思うこと間違いなし。第二回も期待しています。

17. 衝突

https://www.youtube.com/watch?v=kxVomu5aOx0

情熱的なギター弾き語りシンガーソングライタークスモト。弾いているギターの形も独創的。今回の彼の歌は、社会にそぐわない弾かれ者の怒りと苛立ちと不安、そして逆らうことで「失敗するだろうけど」「もうそれでいい」と吹っ切って飛び出していく、情熱とも刹那的とも言える歌詞。衝動あふれるものになっています。
Aメロの憂鬱な声色から、サビに向かってどんどん激しくなる声量、そしてがなるようなやけくそなような、魂を全部ぶつけるような歌声へと高まります。力強くて、苦しそうで、でも吹っ切って笑顔になるような歌声。視聴者の心に残るインパクトある言葉で綴られた歌詞を見ながら是非味わってください。

https://www.youtube.com/watch?v=yvDuKCiYKos

クスモトのオリジナルソングは見せ方も言葉の使い方もかなり特殊。既にかなりの数の、やけどしそうなほど熱いオリジナル楽曲が公開されているので、是非気になるタイトルから御覧ください。

ヒピノシスマイク「原宿Division / 豆生田衣豆流」

https://www.youtube.com/watch?v=PCPb-Lx6I20

ピーナッツくんといえばおちゃらけ役で愛されていますが、コアなファンはみんな知っている、彼がガチでラップミュージックに精通していることを。今回はピーナッツくんの才能がビシバシ出ているほんまもんのヒップホップMVです。
ピーナッツくんのラップは言葉の使い方が巧み。韻の踏み方がきれいで非常に聞きやすい。途中から入るサンプリングも、色々解釈できるいい効果を出している。
今回短いですが、ぜひとももっとラッパーピーナッツくんの活動を増やして欲しいと願うばかりです。書き下ろしビジュアルがこれまたかっこいい。

サイレントマジョリティー/欅坂46 ₍covered by 月ノ美兎/静凛/樋口楓/夕陽リリ/赤羽葉子/本間ひまわり/鈴原るる₎

https://www.youtube.com/watch?v=ZQ0U6oJBSmY

本間ひまわりが制作したのは欅坂46の人気曲「サイレントマジョリティー」のカバーMV。女子高生+女子大生ライバーを集め、欅坂46の持っていた若々しさ瑞々しさ力強さを見事に再現しています。

歌い慣れているメンツが集合しているためハーモニーはばっちり。その上全員声や歌い方の個性が強めに残っているので、音を合わせてもしっかり個が立っている。個性をテーマにした曲にぴったりな歌動画になっています。
今までの歌動画同様、動画編集は本間ひまわり本人。着実にその編集の腕前をあげているのも見どころです。

【LIVE】WORLD VSINGER CHAMPIONSHIP – 日本を歌う –

https://www.youtube.com/watch?v=xbvw2ZsSfuY

キミノミヤが開催したのは「海外のVTuberが日本語で日本の歌を歌う」というかなり珍しいコンクール。母国語が日本ではないVTuberがここまでいることに気付かされると同時に、彼ら・彼女らの日本語のうまさにびっくりさせられる内容です。

フランス、カナダ、メキシコ、インドネシア、韓国、香港、台湾、ロシア、シンガポール等々、世界中から大集合。概要欄にそれぞれのチャンネルとTwitterなどが掲載されています。現在だとインドネシアはかなり増えていますが、それのみならず世界中にVTuberがじわじわ増加しているのがわかる、ワクワクする内容です。

VTuber ROCK Fes V69

音楽好きVTuberがずらり集結したオンラインイベントVTUBER ROCK FES(#V69)」が開催されました。

VTUBER ROCK FES[V69] OFFICIAL SITE

生歌配信、歌動画投稿、そのたSHOWROOM配信など多様な形式で皆がこぞって音楽を表現。VTuber音楽の祭典となりました。
その中でアップされたMVから何本かご紹介。

https://www.youtube.com/watch?v=nqc24H9XrgI

https://www.youtube.com/watch?v=hYvKA7Ijkmk

【MV】「ごはんはおかず」(けいおん!)歌ってみた 【 #V69 】《矢木めーこ》
【V69】Reasons to look away – 目を逸らす理由 【オリ曲】
IA/Conqueror(Cover)歌ってみた(#V69)
初夏、殺意は街を浸す病のように/紅杯ひぐれ(Cover)【 #V69 】

Kanzaki Hiro feat. Himemori Luna – Lunar Light

https://www.youtube.com/watch?v=EODGkm15wVY

ホロライブ姫森ルーナのデザイナー(いわゆる「ママ」)・かんざきひろ氏が制作し、実際に配信のエンディングで使われている曲「Lunar Light」がアップされました。EDM調でキック音が心地よいサウンドに、浮遊感あふれるメロディ。ふわふわしたルーナのキャラクターがラストを締めくくるのにぴったりで、ファンからは「神ED」と呼ばれています。
かんざきひろ氏は「エロマンガ先生」「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」などの挿絵を手掛ける人気イラストレイターで、自身のチャンネルでは自主制作音楽を作ってアップしています。その他にじさんじChroNoiRのMVイラストを手掛けたり、VTuber月宮雫のデザインを行ったりと、VTuber文化にかかせない存在の一人です。

【オリジナルMV】ろくがつにんげん。/ 小山内いちか

https://www.youtube.com/watch?v=-5TvajoODHc

小山内いちかのオリジナルソングは、小学生にしてはあまりにも鬱屈した、雨の6月を表現した曲。降り続ける雨の音が歌にかぶる表現が憂鬱感引き立てます。

ベースとリズムボックスだけで曲を組み立てる、シンプルさが逆にヘビー。ものすごくアンニュイな曲と歌声ですが、概要欄で「みんな!梅雨も楽しもうね(*´ω`*)」と書いているのが印象的。憂鬱は言葉や歌にすることで吹き飛んでいくものです。

もしも一人残されて、世界が嘘じゃないならを歌ってみた【東雲めぐ】

https://www.youtube.com/watch?v=J8BuYSVhulU

先日VRミュージカル「人魚姫」を披露し好評だった東雲めぐによるn.k氏の曲のカバーMV。彼女の柔らかい歌声が曲調にぴったりで、癒し力抜群。高音部分のふんわりした空気感が心地いいかと思いきや、サビ部分一気に力強くなるギャップにびっくりさせられます。

今回のMV、この動画のためにVRchat上に作られたオリジナルワールド。終末世界の中、芽生える草とひまわり、飛び交う蝶。浅瀬を魚が泳ぐ中、水に足を入れる東雲めぐの姿はとても幻想的。
このワールドは「終末駅 夕 – POST APOCALYPTIC STATION SUNSET – 」としてVRchatでパブリック化しているので、東雲めぐのいた世界に実際に飛び込んでみましょう。

革命デュアリズム – 水樹奈々×T.M.Revolution ( Cover ) / VESPERBELL

https://www.youtube.com/watch?v=p3Ijg32W8A0

Wright Flyer Live EntertainmentからバーチャルガールズデュオVESPERBELLのYOMIとKASUKAが登場。当日に4本のカバーMVを投稿するというダイナミックなデビューを遂げました。是非最初に聴いてほしいのが、二人のデュオソング「革命デュアリズム」のカバー。二人組での曲のパワフルなハーモニーを堪能するのにもってこいです。

https://www.youtube.com/watch?v=sNH3znIBCA8

二人組の音楽デュオボーカルは、今のVTuber音楽でもそこまで多くないので強力な存在になっていきそう。またそれぞれのソロソングもアップされており、二人の歌の個性と実力を味わうことができます。要注目。

【歌ってみた】無辜のあなた/いよわ【Vtuber】

https://www.youtube.com/watch?v=NkQT77HHNoI

朝活配信やASMR動画をアップしている無糖しお。今回アップした曲は、不協和音や不安定なリズムが混じったかなり特殊なタイプの難曲。これをしっかり歌っているだけでもすごいのですが、儚く壊れてしまいそうな歌声で歌詞の世界観を見事に再現しています。元動画をリスペクトしながら独自の表現を交えた編集も見どころ。声が気に入った方はASMR動画も必見

【オリジナルMV】花に亡霊 – ヨルシカ/cover 眠居りぃこ

https://www.youtube.com/watch?v=0HT-NjshlGg

クリアな歌声が魅力の眠居りぃこ。彼女の声が存分に生かされた「花に亡霊」のカバーは、低音から高音まで透明感抜群。儚くエモーショナルな歌詞を、繊細に、でも希望に満ちた表現で歌っているため、全編に渡って心地いい作品に仕上がっています。

過去のおすすめ記事はこちらから:
必見!今週のおすすめVTuber


【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

【Mogura主催のイベント】
・これでわかる! 産業向けXR導入事例セミナー(8/25)

【注目の記事】
・巨大データに向き合うVR/AR制作、それを支える強い味方とは?

カンヌ国際映画祭のVR/AR部門、日本人クリエイターの作品が出展決定

2020/06/14 19:30 話題

NTTドコモがMRデバイス「Magic Leap 1」発売、眼鏡型「NrealLight」も韓国LG系から一般向けに  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2020/06/14 19:30 業界動向
VR/AR/MR 用語集