ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.04.16

一ヶ月VR生活、仕事もVR内で行うイタリアの開発者

VRの連続体験時間を競う挑戦は、アメリカオーストラリアでギネス記録が残されています。イタリア・トリノの開発者Enea Le Fons氏は、30日間もVRの中で過ごすというチャレンジを行っており、更に日数を延ばしています。

しかし、彼の挑戦はギネス記録に残るものではありません。なぜなら24時間ヘッドセットを着けたままではなく、食事や睡眠などの時は外しているためです。

Le Fons氏は、自分がVR内で過ごすことによって、長時間にわたるVRの効果を確認し、「VRを日常生活の欠かせない一部にする」アプリ開発に役立てようとしています。

VR内で生活する挑戦

Le Fons氏の挑戦は、2018年の「レディ・プレイヤー1」公開から間もない頃に始まりました。メディアSkarredGhostによれば、30日間の日程は終わろうとしているものの、さらに15~30日間、VR内で過ごす期間を延ばそうとしています。このチャレンジは、開発のアイディア出しを行う、ちょっとした”一人ハッカソン”のようになっています。

彼は1日に7~16時間を HTC ViveやVive Focus、Vive Proといったヘッドセットを付け替えて過ごしました。VR内での時間を快適にするために、彼はフォトグラメトリーで自分の部屋全体を”デジタル化”し、VR空間内に家具も備えました。そしてこのデータをお絵かきアプリの「Tilt Brush」にインポートし、部屋の中に絵を描くことを可能にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=Z_BUYBb7wV4

続けて彼は現実の室内にある家具類にViveのトラッカーを取りつけました。こうして、VR内でも実際の椅子をつかんで座る、ターンテーブルを動かして音楽を聴くといった動作が出来るようになりました。


(Viveトラッカーを付けた身の回りのもの)

さらに、通常の自分の仕事もVR内で行いました。実際の仕事場の3DデータをUnreal Engine VR Editorで編集し、VR内の仕事場でVRコンテンツ開発を行っています。彼はVR内で自分が作っているものを体験しながら、WebVRや音楽関連のコンテンツを開発しました。

Le Fons氏の挑戦は、記録に残るものではありません。しかしそれはVR内に住む理由や、VR内で快適に過ごす方法を探る試みとなっています。彼はVR内での仕事の成果を公表するとしています。

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース