デイリーランキング

【ポケモンGO】ボックス内のタマゴから出現するポケモンを確認可能に

ポケモンGO

2021/04/09 11:25

【ポケモンGO】4月のコミュニティ・デイ 「ツタージャ」が多く出現中

ポケモンGO

2021/04/11 11:10

【ドラクエウォーク】「ドラクエ7」コラボ5章実装。「超ルーキーフェスティバル」もスタート

ドラクエウォーク

2021/04/10 11:20

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(4月3日~4月9日)

VTuber

2021/04/11 19:30

人気のVRゲーム最大8作品セットにしたバンドルが期間限定販売

ゲーム・アプリ

2021/04/11 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

シンガポールのアーティストによる「京都学派」テーマのVR・アニメーション映像作品が世界初公開

4月3日(土)~7月4日(日)、シンガポールを拠点に活動するアーティストのホー・ツーニェン氏による新作映像インスタレーション作品「ヴォイス・オブ・ヴォイド―虚無の声」が山口情報芸術センターで世界初公開されます。

ホー・ツーニェン氏は、歴史的、哲学的な映像作品、インスタレーション、 演劇的パフォーマンスを多数発表してきたシンガポールを代表するアーティストの1人。近年では第二次世界大戦期の日本についても作品を通じて取り上げています。

「ヴォイス・オブ・ヴォイド―虚無の声」は、哲学者の西田幾多郎や田辺元を中心に形成され、1930年代~1940年代の日本の思想界で大きな影響力を持った「京都学派」をテーマにした、VRとアニメーションによる映像インスタレーション作品です。

真珠湾攻撃の直前の1941年11月末に開催された座談会「世界史的立場と日本」を主に取り上げ、京都学派と彼らを取り巻く人々が1930年代から40年代にかけて産み出したものにアプローチしていくとのことです。VRによって鑑賞者がアニメーションの登場人物へと同一化し、より没入感のある体験をもたらすそうです。

(参考)プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・実際に開催してわかったオンライン・バーチャルイベントの運営ノウハウ・動向を語る! オンラインセミナー開催(4/21)  

NTTがVR/MR会議システム、日本企業がARグラス基礎技術開発 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2021/01/25 10:53 業界動向

VRで音楽制作!KORGがOculus Questで使える音楽ソフトウェアを開発中

2021/01/25 10:53 ゲーム・アプリ
VR/AR/MR 用語集