デイリーランキング

ポケモンGOに「レックウザ」が再登場 伝説レイド開催中

ゲーム・アプリ

2019/03/16 19:45

GoogleのVR映像制作チームが解散、6年を超える活動に終止符

業界動向

2019/03/16 12:00

バーチャルキャスト大型アプデ発表、3D自作アイテムの持ち込み・VR内プログラミングなど。「THE SEED ONLINE」α版もオープン

話題

2019/02/23 22:26

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

VRで断頭台に……刃が落とされた瞬間ユーザーに起きた“異変”

話題

2018/10/28 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

単眼スマホARヘッドセット「MagiMask」99ドルで予約開始

ノルウェーのスタートアップLudensoは、ARヘッドセット「MagiMask」を発表しました。スマートフォンを差し込んで使用するデバイスで、低価格ながら高い解像度とトラッキング精度を謳っています。価格は99ドル(約11,000円)。同時にクラウドファンディングサイトのKickstarterでキャンペーンを実施中です。

既存のARアプリに対応

MagiMaskは、iOS/AndroidのAR対応スマートフォンを挿入して使用します。カスタマイズなしに、既存ARアプリの99%に対応するとのことです。

CEOのEirik Wahlstrøm氏は、「我々のローコストで革新的な技術により、世界中のデベロッパーは何百万ものユーザーにリーチするためのツールを手に入れます。また技術に精通する人々も、高いコストを払わずにARヘッドセットを持てるようになります」と自信を見せています。

1枚のレンズで大画面・鮮明な画像

MagiMaskの特長の1つは、レンズを1つしか使用していない点です。他の大半のデバイスは片眼に1つずつ、2つのレンズを使用していますが、これでは画素のうち15~25%しか活用できていないとLudensoは主張します。一方でMagiMaskは単一のレンズを使用しているため、解像度は劇的に向上、より大画面で鮮明なイメージを実現するということです。2つのレンズを使うことによって得られる立体感がどのようになっているのかは不明です。

付属アイテムでトラッキングも実現

また、シート状のMagiTile、カード状のMagiKard、サイコロ型のMagiDiceという付属品を使い、トラッキングを可能にしています。デベロッパーはこれらのアイテムを好みのARイメージに置き換え、回り込んで別の角度から見たり、手にとって回転させたり、といったアクションを行うことができます。

Ludensoはこのデバイスが、ゲームやエンターテイメントといったコンシューマー向けの用途だけでなく、ビジュアル化や3Dデザイン等の分野で企業でも利用されることを期待しています。そして、デベロッパーと協力して様々な用途のアプリケーション開発を行っています。

MagiMaskは現在Kickstarterにて資金調達を行っていますが、既に出荷は決定しており、製造資金集めというよりは予約の側面が強いということです。出資額は数量限定の早期割引で79ドル(約9,000円)から。デバイスとMagiTileなどの付属品3点がセットになります。出荷時期は2019年1月開始を予定しています。

Kickstarterの受付はこちらから。

(参考)Kickstarter

VR対応アニメツール「Live2D Euclid」販売停止、今後は「Live2D Cubism」に集中

2018/10/17 11:00 テック

動画配信サイトVimeo、リアルタイムの3D立体映像配信に成功

2018/10/17 11:00 テック