デイリーランキング

キズナアイ運営Activ8の声明が掲載 “分裂”当初からの経緯を振り返る

VTuber

2019/08/17 14:00

VRオープンワールドRPG「Nostos」、人数限定のベータテスト開始 9月5日から

ゲーム・アプリ

2019/08/17 12:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

【2019年8月版】VRヘッドセット「Oculus Quest(オキュラス クエスト)」最新情報まとめ

Oculus Quest

2019/08/17 19:30

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(8月10日~8月16日)

おすすめVTuber動画

2019/08/18 19:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

部屋に購入予定の家具を試し置き ARグラス向けに試験的なアプリ配信始まる

アメリカの住宅リフォーム・生活家電チェーン店Lowe’s Home Improvement(以下、Lowe’s社)が、ARヘッドセットMagic Leap One専用のARアプリの配信をスタートしました。

今回配信されたARアプリでは、Lowe’s社が販売する家具類をARで見て購入を検討することができるというもの。ARアプリは、Magic Leap OneのアプリストアMagic Leap Worldで、無料でダウンロード可能です。

ARショッピング気分が楽しめる反面、欠点も

ARアプリを起動すると、Lowe’s社のロゴが画面上に表示されます。タッチすると、ロゴは地面へと落下します。ロゴの落下地点には、ウェルカムマットが表示されています。ウェルカムマットの位置をユーザーが設定すると、アプリのメニュー画面が起動します。

起動したメニュー画面からは、Lowe’s社の家具類を選択することができます。ユーザーが家具を選択すると、選択した家具が現実空間に表示されます。家具の表示は実物大で、詳細なサイズデータも同時に表示されます。

今回配信されたARアプリをレビューしたAR専門メディアNext Realityによると、ARアプリは「間違いなく楽しい」ものである一方で、欠点もあったとのことです。リマップを繰り返しても安定しないトラッキングの不安定さや、家具の設置場所を決めるマーカーとして使用されるパレット板の操作の難しさを指摘しています。

ARアプリから、直接に家具を購入できるシステムや、販売サイトへのリンクが存在しない点も問題と、Next Realityは指摘します。Magic Leap Oneを再起動しないとARアプリの終了が不可能なのも、不便であるとのことです。

これらの点を総合してNext Realityは、ARアプリの完成度は“ほぼ”完璧であるものの、バグを含む問題点は無視できないと結論付けています。

Lowe’s社の取り組み

Lowe’s社は、以前からARやVRに注力してきた企業です。2017年3月には、Lowe’s社の店内で使用可能な、ARを活用したスマートフォン用ナビゲーションアプリを配信しました。
2017年9月には、高級家具を販売する子会社から、家具の3Dモデルを現実空間に表示して確認できる、iPhone専用のARカタログアプリを配信しました。

(参考)Next Reality


人工知覚技術のKudan、東証マザーズに新規上場

2018/12/20 15:00 業界動向

嗅覚や身体感覚に訴える展示多数、アイディア満載のSIGGRAPH Asia 2018 体験ブースレポ

2018/12/20 15:00 テック