デイリーランキング

バ美肉VTuber日ノ森あんず、「Ghost of Tsushima」のRTA世界1位を記録

VTuber

2020/08/03 15:23

「VTuber最協決定戦」出場メンバー発表! にじさんじやホロライブなど20チーム60名

VTuber

2020/07/20 16:24

PS5ではPSVR向けサポート PS4周辺機器の互換性FAQが公開

PSVR

2020/08/03 22:50

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール20選を徹底紹介(2020年6月最新版)

VTuber

2020/06/28 12:30

ソードアート・オンラインのバーチャルイベント開催 スマホからも参加可能

イベント情報

2020/08/03 12:34

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

ホウキにまたがって“ドッキドキーのワックワクー!”「リトアカVR」体験レポ

「キルラキル」「プロメア」でもお馴染みのTRIGGERが制作を手がけたアニメーション「リトルウィッチアカデミア」。そのVRゲーム化作品である「リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース-(仮)」のプロトタイプ版の体験会が8月2日より行われます。これに先駆けメディア向け体験会が開催されましたので、本記事ではその模様をレポートします。

クラウドファンディングは成功済

「リトルウィッチアカデミア」の主人公は、魔法学校に入学したアツコ・カガリ(アッコ)。魔法使いを目指しているのに、肝心の魔法はダメダメ。そんな彼女が失敗を繰り返しながらもさまざまな試練に立ち向かい、仲間とともに成長していく物語となっています。彼女はポンコツだけれども、常人ならば諦めてしまう場面でもひたむきに立ち向かうので、画面越しで応援したくなってしまう、そんな魅力的な作品です。

2015年にクラウドファンディングで集めた資金を使い、劇場アニメ化。2017年にはTVアニメシリーズが放送開始し、その後はコンシューマーゲームへの展開などなど、大きな広がりを見せ、ファンに愛され続けてきました。

ここ最近は作品展開に音沙汰がなかったものの、7月に「リトルウィッチアカデミア」のVRレーシングゲームを制作するためのクラウドファンディングプロジェクトが始動。すでに国内のCampfireでは、目標金額の500万円を達成しているというのだから驚きです。

ホウキに跨ることをイメージした操作

さて、ここからはそんな期待されまくっているゲームの内容を紹介していきます。

今回体験できたのは、7月4日~7月7日に開催された「Anime Expo 2019」のブースで来場者も体験できたというプロトタイプ版。「まだ未完成でしょ?」と思うかもしれませんが、ゲームの根幹とも言えるレースに関しては、ほぼ完成に近い出来でした。

Oculus Quest(PlayStation VR/Oculus Rift/SteamVRにも対応予定)を被りゲームを開始すると、さっそく「杖を振ってみて!」という指示が! コントローラーを振ると、だんだんと世界が広がっていきます。

景色が明るくなっていくと、目の前にアッコが登場。画面越しでしか見られなかったキャラクターと対面できるのならば、それだけでファンは“買い”と言えそうです。今回はアッコとの会話だけでしたが、ほかのキャラクターともやり取りが可能だそうで、そのすべてがフルボイスとのこと。

アッコと会話を終えると、彼女の指導のもとレースを体験することに。先生役は本当にアッコで大丈夫でしょうか? 正直、魔法の得意なダイアナに教えてもらいた……いや、なんでもないです。そんな不安を抱きながらも、指示を聞きながら飛ぶ準備をしていきます。

ホウキの柄にまたがって掴まるのをイメージしながら、コントローラーを両手で握りしめます。飛ぶ前からワクワクすること間違いなしなわけですが、本作のお楽しみはここから。レースゲームでキャラクターと体が連動して動いてしまうことってありません? それが本作では操作方法になっているんです。

上下左右、行きたい方向にコントローラーを倒すとその方向へ移動できます。左に体を傾ければ左方向に。右に体を傾ければ右方向に。難解な操作は必要ないため、ゲームが苦手でも感覚で理解できるのがポイントです。

Oculus Questにもアナログスティックは付いているものの、それを使うことなくVRゲームらしさを追及したスタッフのこだわりを肌で実感できました。

空を飛んでからも驚くことばかり。実際にフワッと浮いているような感覚を体感できたり、操作方法からくる没入感を存分に感じられました。そんな体験ができたうえ、しかもVR酔いは一切ありませんでした。

本作を開発する株式会社UNIVRSは“酔いを防止する移動技術(特許出願中)”に注力しており、ゲーム内動作との一体感を演出することで酔いを軽減させているとのこと。実際にリリースされたら酔うことなく長時間「リトルウィッチアカデミア」の世界を堪能できそうです。

一部分だけの体験でしたが完成が待ち遠しくなる、そんなゲームになっていました。製品版では自分だけのアバターを作成できたり、レース前に選んだキャラクターがパートナーとしてプレイヤーをサポートしてくれたりするらしい。プレイヤー複数人で競うマルチモードも実装予定とのことなので、完成したらとんでもないものが出来上がっている予感がします……!

まずは8月2日より開催される「リトルウィッチアカデミア -VRホウキレース-(仮)」プロトタイプ版体験会に足を運んでみていただきたい! きっと“ドッキドキーのワックワクー!”な気分になること間違いなし!

国内最速体験会 概要

日時

2019年8月2日(金)17:30~21:30
8月4日(日)12:30~17:30
8月11日(日)15:30~19:30

場所

東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
株式会社CAMPFIRE セミナールーム

参加費

無料

申し込みページ

https://littlewitchacademiavr.peatix.com/


【Mogura主催のイベント】
流行の兆しを見せる「バーチャル・ライブエンタメ」、企画・演出セミナーの動画アーカイブ販売中

バーチャルシンガーAZKi、1stフルアルバム「without U」リリース決定! 3rdワンマンライブ開催、対バン企画も

2019/07/28 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

海の向こうで広がる“バーチャル・ビーイング”のうねり

2019/07/28 11:30 業界動向
VR/AR/MR 用語集