デイリーランキング

「マトリックス4」が制作決定! ブランク期間に発展した技術は?

話題

2019/08/21 18:00

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

VR体験施設

2019/06/30 11:30

VTuberが銀座のスナックでママに!? 「バーチャルスナック」がオープン

VTuber

2019/08/22 17:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール18選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/07/10 11:30

バーチャルタレント制作・企画グループ「ANIMAL STUDIO.」が設立 VTuber「ANON」が所属

VTuber

2019/08/22 12:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

399ドルのARヘッドセット発売 PCやスマホに接続して使用

現実空間にデジタルな情報を重ねるAR。市場は成長を続けているようですが、大半の人はARをスマートフォンでしか体験したことがないと考えられます。理由としては、現在発売されているARデバイスに高価なものが多く、手が出にくい物だということが挙げられるでしょう。

こうした問題を解決すべく、様々な企業が入手しやすいARヘッドセットの開発を進めています。中国のスタートアップ企業Dreamworld Vision社は、399ドル(約4万4,000円)のARヘッドセット「DreamGlass」の販売を開始しました。

スマホやPCに接続して使用

「DreamGlass」は2017年5月にその開発が発表されていました。今回公開された製品は、ディスプレイ解像度が2.5K、視野角は90度。トラッキングは頭の回転のみを認識する3DoFのヘッドトラッキングです。USB-CコネクターでAndroidのスマートフォンやPCに接続して使用します。スマートフォンに接続した場合、スマートフォンのタッチパネルをコントローラーとして操作可能です。

ソフトウェア開発キットはUnityのエンジンをベースとし、WindowsとAndroidに対応しています。小規模開発でもコンテンツ開発が行いやすいよう、シンプルな作りになっています。

また399ドルという価格は、マイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」の約3,000ドルに比べると、駆け出しのデベロッパーや一般消費者にとって非常に購入しやすい設定です。

ARコンテンツの制作を促す

DreamWorldは、高品質のARヘッドセットが入手しやすくなることで、開発者やクリエーターのコンテンツ制作を促し、ARの普及が進むと考えています。

同社の設立者でありCEOのKevin Zhong氏は、「ARは多くの可能性を秘めていながら、デバイスが限定され、高価格であるためにコンテンツ等の開発が進んでいませんでした。我々はDreamGlassによって、開発者たちが最高品質のコンテンツを作る手助けをしたいです」と話しています。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


スターウォーズなど提供のVR施設Void、世界展開加速 アジアにもオープン

2018/06/08 12:00 VR体験施設

ロート製薬がバーチャルYouTuber社員を発表 生放送も実施

2018/06/08 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集