デイリーランキング

ホロライブ獅白ぼたん カバー代表の谷郷氏に「メタバース」について質問する配信を実施

VTuber

2022/01/14 16:09

VTuberミライアカリの別人格「ココロヤミ」がアーティストとして始動!

VTuber

2022/01/14 20:01

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2022年1月】

VTuber

2022/01/13 15:16

北米/欧州のPlayStation VR向けゲーム年間DLランキング発表 1位はやっぱりあのゲーム

PSVR

2022/01/15 13:00

「第8回 Crazy Raccoon Cup Apex Legends」が開催 今回参加するVTuberは?

VTuber

2022/01/13 19:31

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

車いすレースをVRで体験「CYBER WHEEL X」

車いすマラソンやレースの競技を知らない人でも体験できるVRレーサー「CYBER WHEEL X」が開発されました。

「CYBER WHEEL X」は、2017年に株式会社ワントゥーテン(1→10)が開発した「CYBER WHEEL」のエンターテイメント性をより追求し、株式会社RDSとの共同開発で進化させたプロジェクトです。「CYBER WHEEL」では最高時速60キロという、パラ選手のスピードの追体験が可能でしたが、「CYBER WHEEL X」ではハンドリム(※駆動輪の外側についている持ち手)ウエイトの技術を導入することにより、上り坂では負荷がかかり、下り坂では加速し、より実践に近い車いすレース体験ができるとのこと。

また、新たにパラスポーツ選手のメニューとして、トレーニングモードが用意されています。世界記録やトップレーサーとのデータ対戦、ハンドリムの回転数の確認や負荷の調整が可能になり、ゲームとしてだけでなく、車いすアスリートのトレーニングとしても利用できるようになったとのことです。

「CYBER WHEEL X」は8月28日より、東京ソラマチ イーストヤード5F「PLAY5G 明日をあそべ」にて体験が可能です。

アップデートされた主な特徴

・通信対戦、データ対戦


二台を使った遠隔でのリアルタイム通信対戦やデータ対戦が可能
ランキングも表示

・身体フィードバック

コースの起伏に応じてハンドリムに負荷がかかり体験性を強化
カーブやアップダウンにも対応

・都市をスキャン

東京のストリートをレーザー計測することで3Dの都市空間に没入

・車いすレーサーのためのトレーニングモード

実践に近いレースを再現、トップレーサーとのデータ対戦や実際のルールにも対応
時速の変化や軌道を可視化
車輪の幅や負荷の調整など、カスタマイズが可能

・筐体の進化

車いす陸上の伊藤智也選手と共に開発した最新レーサー、 RDS WF01TRのデザインが基になった本格レース仕様の筐体

(参考)株式会社RDS プレスリリース


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

スマホ片手に2対2のAR射撃バトル! 「HoloBreak」開催

2019/08/27 20:00 イベント情報

ゲーム部プロジェクト、9月より新声優に 制作陣の明示化も

2019/08/27 20:00 ゲーム部
VR/AR/MR 用語集