デイリーランキング

クリムゾン バーチャル漫画家としてYouTubeデビュー!

話題

2020/05/28 14:21

「ホロスターズ」3期生が話題を集める理由は? これまでの活躍を振り返る

VTuber

2020/05/30 11:30 New

「スター・ウォーズ」の新作VRゲームが2020年後半リリース、映画の“空白期間”を描く

ゲーム・アプリ

2020/05/29 19:00

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール20選を徹底紹介(2020年最新版)

VTuber

2020/03/28 19:30

【ドラクエウォーク】“コロナ対策ボーナス”の実施期間が再び延長

ドラクエウォーク

2020/05/29 17:28

MoguraVR facebook twitter hatena line

「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

車いすレースをVRで体験「CYBER WHEEL X」

車いすマラソンやレースの競技を知らない人でも体験できるVRレーサー「CYBER WHEEL X」が開発されました。

「CYBER WHEEL X」は、2017年に株式会社ワントゥーテン(1→10)が開発した「CYBER WHEEL」のエンターテイメント性をより追求し、株式会社RDSとの共同開発で進化させたプロジェクトです。「CYBER WHEEL」では最高時速60キロという、パラ選手のスピードの追体験が可能でしたが、「CYBER WHEEL X」ではハンドリム(※駆動輪の外側についている持ち手)ウエイトの技術を導入することにより、上り坂では負荷がかかり、下り坂では加速し、より実践に近い車いすレース体験ができるとのこと。

また、新たにパラスポーツ選手のメニューとして、トレーニングモードが用意されています。世界記録やトップレーサーとのデータ対戦、ハンドリムの回転数の確認や負荷の調整が可能になり、ゲームとしてだけでなく、車いすアスリートのトレーニングとしても利用できるようになったとのことです。

「CYBER WHEEL X」は8月28日より、東京ソラマチ イーストヤード5F「PLAY5G 明日をあそべ」にて体験が可能です。

アップデートされた主な特徴

・通信対戦、データ対戦


二台を使った遠隔でのリアルタイム通信対戦やデータ対戦が可能
ランキングも表示

・身体フィードバック

コースの起伏に応じてハンドリムに負荷がかかり体験性を強化
カーブやアップダウンにも対応

・都市をスキャン

東京のストリートをレーザー計測することで3Dの都市空間に没入

・車いすレーサーのためのトレーニングモード

実践に近いレースを再現、トップレーサーとのデータ対戦や実際のルールにも対応
時速の変化や軌道を可視化
車輪の幅や負荷の調整など、カスタマイズが可能

・筐体の進化

車いす陸上の伊藤智也選手と共に開発した最新レーサー、 RDS WF01TRのデザインが基になった本格レース仕様の筐体

(参考)株式会社RDS プレスリリース



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


スマホ片手に2対2のAR射撃バトル! 「HoloBreak」開催

2019/08/27 20:00 イベント情報

ゲーム部プロジェクト、9月より新声優に 制作陣の明示化も

2019/08/27 20:00 ゲーム部
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集