デイリーランキング

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(1月8日~1月14日)

VTuber

2022/01/16 19:30

「Beat Saber」公式が意味深な画像を公開 ブロックがスライスされてる…?

ゲーム・アプリ

2022/01/16 18:30

志望者必読! VTuberオーディション情報まとめ【2022年1月】

VTuber

2022/01/13 15:16

【Oculus Quest 2】1月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

ゲーム・アプリ

2022/01/16 19:00

【ポケモンGO】1月のコミュニティ・デイ開催中 「タマザラシ」が大量発生

ポケモンGO

2022/01/16 11:35

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルで遊ぶ・楽しむエンタメメディア

MoguLive

価格は?マイクがつく?Oculus Rift製品版の追加情報まとめ(2015/5/7時点)

5月6日、PC向けのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)製品版の出荷時期と商品写真が公開されました。

しかし、詳細な性能や付属品、価格などの情報については、明らかにされませんでした。その直後、米ウェブメディアTech Crunchが主催するイベント「Disrupt NY 2015」に、Oculus VR社の共同創業者で製品担当副社長のネイト・ミッチェルが登場し、いくつかの情報を明らかにしました。

rift2

価格はGear VRよりは多少高くなる

製品版の価格はどれくらいになるのかという質問に対して、ミッチェル氏は、VRHMDには現在ハイエンドとローエンドの2つの流れがあると説明。ローエンドとなるスマホ向けGear VRは200ドル(日本国内での実売価格は26000円程度)ですが、ハイエンドモデルとなるOculus RiftはGear VRより「a little bit more expensive(少し高くなるだろう)」とのコメントを残しました。

開発者向けキットであるOculus Rift DK2は現在350ドルで販売されています。

必要なPCの性能も近々公表予定

また、Oculus RiftはあくまでもPC向けであり、ハイエンドなパフォーマンスを発揮するためには、PC側にもそれなりの性能が求められます。これまで、動作させるためのPC性能について、Oculus VR社は言及してきませんでした。ミッチェル氏は、「reveal very soon(近々、明らかにする)」とコメントしています。

入力機器はゲームパッド以上に面白いものになる

出荷時期を発表した公式の記事中には、製品版に対応した入力機器へ言及されていました。ミッチェル氏は、ゲームパッドやGear VRの側面をタッチする方法と比べ、「more interesting(もっと面白いものになる)」とコメントするにとどまっていますが、入力機器が付属することは確実となりました。

これまで、Oculus Rift用のコンテンツは首振り以外では、PC用のゲームパッドやLeap Motionなどのセンサー系デバイス、Wiiコントローラーなどのスティック型コントローラーなどを使ってプレイしていました。しかし、VRへの没入感を高めるための、最適な入力方法はまだ模索中という状況です。Oculus VRは、センサー型デバイスの「Nimble」を開発していたNimble VR社を2014年12月に買収しています。

予約は”おそらく”Oculus VR公式サイトで可能に。家電量販店での展示も重要視

Oculus VRは、現在開発者向けのDK2を自社の公式サイトから注文できる形で提供しています。ミッチェル氏は、製品版についてもおそらく公式サイトで予約できるだろうとしつつ、家電量販店等で、デモを展示し販売することの重要性を認識しているとの見解を明らかにしました。

Oculus VRがサムスンと共同開発したGear VRは、現在日本でも一部家電量販店では体験コーナーが設けられています。

社内のスタジオでゲームを開発している

Ocuus VRの公式ブログでは、現在開発中のゲームについての言及がありました。ミッチェル氏は、社内のスタジオで、ゲーム制作スタジオ「ノーティードッグ」の共同創設者ジェイソン・ルービン氏らが率いるチームがゲームを制作していることを明らかにしました。ノーティードッグは、「クラッシュ・バンディクー」、「アンチャーテッド」、「ラストオブアス」などを開発してきたスタジオです。

今後、Oculus VRは、自社のタイトルを提供するだけでなく、世界中の開発者が開発したコンテンツを販売するパブリッシングもしていきたいとしています。

マイクが最高の場所に内蔵

また、ミッチェル氏とは別に、Oculus VRの創業者パルマー・ラッキー氏は、米国の掲示板Redditで、「マイクが付属するとして、外観ではどこにもないようだ」との投稿に対し、「Hidden in the best place(最高の場所に隠されている)」とコメントしています。

製品版プロトタイプCrescent Bayでは、3Dサウンドを再生するために新たにヘッドフォンが内蔵しました。マイクは内蔵されていませんでしたが、製品版ではマイクが内蔵されるようです。

MoguraVRでは、今後も引き続きOculus Rift製品版の情報をいち早くお伝えしていきます。

(参考)
Oculus VR Is Coming Your Way - Disrupt NY 2015(英語)
http://techcrunch.com/video/oculus-vr-is-coming-your-way/518809523/

Where’s the mic? - Rediit(英語)
http://www.reddit.com/r/oculus/comments/351y4n/wheres_the_mic/


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

Oculus VR社ジョン・カーマックCTO、開発者向けOculus Rift DK2の供給が絞られていることを示唆

2015/05/07 18:30 Oculus Rift 最新情報

VRを使った新しい体感型アミューズメント「THE VOID」

2015/05/07 18:30 テック
VR/AR/MR 用語集