VR脱出ゲーム『I Expect You To Die』売上100万ドル達成

アメリカのゲームスタジオSchell Gamesは、Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation(日本では未発売)で配信しているVRパズルゲーム『I Expect You To Die』が、全プラットフォームで合わせて100万ドル(約1.1億円)を超える売上となったことを明らかにしました。また本作は、マイクロソフトが2017年末から展開するWindows MRヘッドセットへの対応も発表しています。

実在感を重視した脱出パズルゲーム

I Expect You To Die』は爆弾の仕掛けられた車内や怪しい洋館の一室を舞台に、知恵と勇気とテレキネシスを用いて安全に逃げ出すVR脱出パズルです。

本作は“実在感”を重視しており、直感的な操作、身体とゲーム内の動きの一致、様々なものを手に取れるインタラクションなど、没入感の高い体験が魅力的です。Schell GamesのCEOであるJesse Schell氏は、売上100万ドル達成という発表について「非常に満足している」と語ります。本作は約20人のチームによって開発され、収益は新しいVRプロジェクトの資金調達に役立っていた、といいます。

また売上100万ドルを記念して、同スタジオは新たに本作のMRトレイラーを公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=UgRqFbJ25CE

新しい試みが成功への秘訣

「私たちは当初から既存のゲームジャンルそのままではなく、VRに最適なゲームを発明しようと試みてきました。新しいプラットフォームで成功する人というのは、古いプラットフォームではできなかったことを創造する人々です」と、Schell氏はゲームの成功について語ります。同氏は

『I Expect You To Die』は2016年に発売され、今月初めにも新しいコンテンツの追加が発表されるなど、長い人気を誇るタイトルです。

また本作は、マイクロソフトのMRヘッドセットに対応することも発表しています。

『Job Simulator』、『Arizona Sunshine』、『Raw Data』などと並ぶ『I Expect You To Die』の売上100万ドル達成は、まだ規模の小さいVR業界でも成功の道はあるということを示しています。

SteamでのHTC Vive、Oculus Rift版はこちら

(参考)
Schell Games’ I Expect You To Die Surpasses $1 Million In Revenue / UploadVR(英語)
https://uploadvr.com/schell-games-expect-die-surpasses-1-million-revenue/

関連するキーワード: I Expect You To DieSchell Games

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ