バンダイナムコ、今夏、歌舞伎町にVR施設を開設 国内最大級の1,100坪

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、VRをはじめとした技術を活用したエンターテインメント施設『VR ZONE Shinjuku』を2017年夏から期間限定で新宿・歌舞伎町にオープンすることを発表しました。

「体験したくても出来ないもの」を現実に

『VR ZONE Shinjuku』は、「体験したくてもできない喜びや驚きを、想像をはるかに超え て実現する」というコンセプトの元にエンターテインメント体験を提供する施設とのこと。

本施設は2016年4月より期間限定で開設された同社のVRエンターテインメント施設「VR ZONE」で蓄えた、五感に訴えかける実在感や、酔いの解消、また、IPの魅力をより引き出すコンテンツ開発力を活かし、VR体験を提供予定とのこと。

その他にもプロジェクションマッピングなどを活用したインタラクティブな遊びを楽しめるコンテンツを導入予定です。施設規模は約1,100坪を予定しており、施設内には飲食、物販コーナーも設けられます。

なお、同社のVRプロジェクト「Project i Can」は現在、「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の公開を記念したドラえもんVR「どこでもドア」もリリースしています。

(参考)

プレスリリース

http://bandainamcoent.co.jp/corporate/press/release/62/pdf/20170307-1.pdf

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!