Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/moguragames/moguravr.com/public_html/wp-content/uploads/.cache/db96f9cc5c34067badbb8569fcf1f014dd51368e.php on line 20

デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

facebook twitter hatena line
MoguraVR

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

Acer AH101

Acer AH101とは、Acer社が開発・発売したWindows Mixed Reality(Windows MR)向けのヘッドセット。青をベースカラーとしたデザインが特徴です。

機種略歴

2016年10月27日:マイクロソフトがPCメーカー各社からMRヘッドセットを展開することを発表。その中にAcerも含まれていた。
2017年5月23日:Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)が予約開始。
2017年5月31日:「予想を上回る予約台数を鑑みて」予約販売休止。
2017年7月27日:予約販売を再開するも、約10分で完売。
2017年8月25日:Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)の通常販売を開始。
2017年10月17日:Acer AH101、製品版が発売開始。製品版ではヘッドバンドなどの改良・変更が行われた。

評価

2017年10月から製品版販売を開始したマイクロソフト社のMixed Reality(MR)ヘッドセット、そのひとつがAcer「AH101」です。マイクロソフトが提唱するMR(Mixed Reality/複合現実)にはARやVRも含まれており、本ヘッドセットではPCに繋いでのVR体験が可能です。ハイエンドではないPCでも、フレームレートや画質などは制限されますが体験は可能。ハイエンドPCの場合はさらに高品質な体験が可能です。

外部センサーを必要とせず、セットアップがかなり簡単であることから、VRの一般普及に貢献することが期待されています。2018年1月現在では発売から間もないため、これから普及が進んでゆくものと思われます。

マイクロソフト「Windows MR(MRヘッドセット)」徹底解説 | Mogura VR

マイクロソフト「Windows MR(MRヘッドセット)」徹底解説 | Mogura VR

MoguraVR

主要モデルのスペック比較

モデル

Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)

Acer AH-101(製品版)

画面解像度

2880×1440

(1440×1440 / eye)

2880×1440

(1440×1440 / eye)

ディスプレイ

2.89インチ液晶(LCD)×2

2.89インチ液晶(LCD)×2

リフレッシュレート

60Hz/90Hz(PCスペックに依存)

60Hz/90Hz(PCスペックに依存)

トラッキング

6軸自由度対応

6軸自由度対応

位置トラッキング

フロントカメラ×2

フロントカメラ×2

回転トラッキング

磁気センサ・加速度センサ・ジャイロスコープ

磁気センサ・加速度センサ・ジャイロスコープ

ヘッドホン

3.5mmオーディオジャック

3.5mmオーディオジャック

マイク

3.5mmオーディオジャック

3.5mmオーディオジャック

価格

40,000円

(※コントローラー無し)

59,184円

(※コントローラー付属)

Acer AH-101の各モデル紹介・性能・スペック表一覧

Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)

Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)は、AH-101の製品版に先だって販売・出荷された開発者向けモデルです。

詳細スペック

製品名

Acer Windows Mixed Reality Development Edition(開発者版)

企業名

Acer

区分

ハイエンド

解像度

2880×1440(片目1440×1440)

視野角

95度

重量

350g

パネル

液晶

リフレッシュレート

60Hz / 90Hz

(PCスペック等に依存)

ポジショントラッキング

あり

ハンドトラッキング

Windows MR コントローラー

IPD調整

無し(ソフトウェア側で補正可)

ピント調節

無し

必要機器

Windows Mixed Reality対応PC

プラットフォーム

Windows Mixed Reality

Steam

価格

40,000円

(コントローラー無し)

発売日

2017年8月

日本国内での販売

有り

モデルの進化

[Acer AH-101(開発者版)] → [Acer AH-101(製品版)]

Acer AH-101(開発者版)はどういった製品なのか

2016年に開発が発表され、幾度かの展示などを経て数量限定の開発者向けデバイスとして販売が開始しました。海外では299ドル(コントローラー無し)と安価であること、また外部センサーを使用せず位置トラッキングできる方式(インサイド・アウト方式)であることが話題となりました。またヘッドセットのディスプレイ部分を上に跳ね上げるフリップアップ機構が搭載されており、いちいちヘッドセットを外さずとも現実側の作業をすることができます。

Acer AH-101(開発者版)の装着感

外部センサーが不要かつ軽いため「セットアップがほぼ不要で、装着しても疲れにくい」という特徴を持っています。一方でヘッドバンドの装着方法がベルトを止めるタイプであることやトラッキング性能が他ハイエンドHMDと比較するとやや弱いという弱点もあります。

Acer AH-101(製品版)

Acer AH-101(製品版)は、開発者向けモデルを経て2017年10月に発売されたモデルです。一般ユーザーの使用なども想定されています。

詳細スペック

製品名

Acer AH-101(製品版)

企業名

Acer

区分

ハイエンド

解像度

2880×1440(片目1440×1440)

視野角

95度

重量

440g

パネル

液晶

リフレッシュレート

60Hz / 90Hz

(PCスペック等に依存)

ポジショントラッキング

あり

ハンドトラッキング

Windows MR コントローラー

IPD調整

無し(ソフトウェア側で補正可)

ピント調節

無し

必要機器

Windows Mixed Reality対応PC

プラットフォーム

Windows Mixed Reality

Steam

価格

59,184円

(コントローラー付属)

発売日

2017年10月

日本国内での販売

有り

モデルの進化

[Acer AH-101(開発者版)] → [Acer AH-101(製品版)]

Acer AH-101(製品版)はどういった製品なのか

開発者版を経て、2017年10月に一般ユーザー向けにも販売されたデバイスがこちらの製品版です。元は350gと非常に軽量でしたが、ヘッドバンド部分などを変更した結果、重量が440g、国内販売価格も59,184円となりました。インサイド・アウトトラッキングは引き続き採用されており、センサーなどのセットアップはほぼ不要でMRを体験できます。

Acer AH-101(製品版)の装着感

ヘッドバンドが変わったことにより、装着感は以前より少し重くなったものの、440gと軽めのヘッドセットであることには変わりありません。開発者版よりもずり落ちにくくなったように感じられます。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

Oculus Rift

2018/02/13 14:06

HP VR1000-123jp

2018/02/13 14:06
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集