デイリーランキング

動画ではなく“意識”を配信して人気急上昇?VTuber「真銀アヤ」の秘密とはーー注目のSF作家・草野原々による小説発売

VTuber

2019/02/15 10:03

あなたはもう体験しましたか?衝撃のVR作品!- VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第12回

VR動画

2019/02/14 19:00

【PSVR】元AKB48が演じる長編360度ドラマ!美少女ヒューマノイドと同居生活

PSVR

2019/02/14 12:28

【2019年最新版】東京都内でVRが楽しめるおすすめスポット・体験施設まとめ

施設型VR

2019/02/10 11:30

今すぐVTuberになれる!お手軽ツール14選を徹底紹介(2019年最新版)

VTuber

2019/02/10 11:30

MoguraVR facebook twitter hatena line

バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア

MoguLive

PCもスマホも不要 一体型VRヘッドセットは2017年後半に登場か

PCやスマートフォンを使うことなく、被るだけで高品質なVR体験が可能になる「一体型」VRヘッドセットが2017年後半に市場に投入される見通しです。

モバイル向けチップセットメーカーのクァルコムはメーカー各社に一体型VRヘッドセットの参考モデル(リファレンスモデル)を提供しています。このVR開発キットは、モバイル端末だけでなくVRにも対応するように設計された、同社最新のモバイルプロセッサSnapdragon 835が採用されています。

より手軽に、ケーブル不要のVR体験を可能にする「一体型」

現在、VR体験をする場合、Oculus RiftなどのPCやゲーム機に接続するタイプかGear VRなどのスマートフォンを差し込むタイプがほとんどです。特に、歩いたり、手を動かすことのできるVR体験はケーブルでPC等と接続しなければならず、セッティングも手間がかかる上に、プレイ中にケーブルが気になってしまうという問題が生じています。

この問題に対して、一体型のVRヘッドセットとハイエンドのVRヘッドセットのワイヤレス化という2つのアプローチが進められています。

クァルコムのメーカー支援プログラム「HMD Accelerator Program」

クァルコムは、2016年9月に一体型VRヘッドセットのプロトタイプを発表しました。同社はその後、迅速に商品化するためのプログラム「HMD Accelerator Program」を立ち上げています。このプログラムは、同社の革新的なハードウェアを参考モデル(リファレンスモデル)として提供し、VRヘッドセットを作るメーカーを支援するものです。同様の取り組みとしてはインテルが同様に一体型VRヘッドセット「Project Alloy」のリファレンスデザインをメーカー各社に提供しています。


プログラムにはサンプル用のデバイスだけでなく、チップセットに関するプラットフォームやコンテンツ開発用キット、デザインファイルなどが含まれる

ハイエンドなリファレンスモデル

「HMD Accelerator Program」の大元となるリファレンスモデルSnapdragon835VRは、Snapdragon 835を採用したヘッドセットとなっています。こちらのオールインワン型のヘッドセットは、6自由度のインサイドアウト方式位置トラッキング、90Hzのリフレッシュレート、解像度2560×1440ピクセルの有機ELディスプレイ、視野角100度、4GBのRAM、アイトラッキング、Leap Motionの新型のモバイル向けセンサーを搭載したハンドトラッキングが備わっているとのこと。2017年3月のGDCではハンドトラッキングと位置トラッキングを搭載したモデルを体験可能でしたが、アイトラッキングは搭載されていませんでした。

本ヘッドセットは、クァルコムからは発売されません。

企業はこのVR開発キットを自社製のVRヘッドセット開発の出発点として使用することが可能で、これに企業独自のハードウェアや機能を追加することもできます。クァルコムによる「HMD Accelerator Program」に参加しているメーカーには、「Goertek」と「Thundercomm」が公表されています。

クァルコムは、Snapdragon 835ベースのVRヘッドセット開発のエコシステムの活性化を狙いとして、VR開発キットを2017年第二四半期にはコンテンツ制作者らに配布することも予定しています。

コストが懸念点となるオールインワン型

スマートフォン装着型のヘッドセットが、スマートフォンの仕様により制約を受けるのに対して、オールインワン型のヘッドセットは、VRに最適化した設計をすることが出来るという利点があります。一方で、懸念点の1つはコストです。高品質のVR体験を実現するためには、スマートフォンと同等のハードウェアを組み入れる必要があり、新型のスマートフォンと同等のコストが必要となってしまします。

なお、クァルコムとパートナー企業は、最終的な製品の価格情報については、まだ一切の発表を行っていません。

より手軽になるハイエンドVR

位置トラッキングとハンドトラッキングが可能な一体型VRヘッドセットは、クァルコム以外にもインテルがリファレンスモデル「Project Alloy」を開発しており、こちらもパートナー企業から2017年中の発売を目指していると発表されています。

また、ハイエンドなVRヘッドセットをワイヤレスにする周辺機器は2017年4月以降発売される見通しとなっています。

ハイエンドなVR体験がさらに手軽になり、ケーブルから開放されるまで、もはや秒読みになっています。

(参考)
First All-in-one VR Headsets Based on Qualcomm’s VRDK Expected in 2H 2017(英語)
http://www.roadtovr.com/first-all-in-one-vr-headsets-based-on-qualcomms-vrdk-expected-in-2h-2017/


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

海洋酸性化を体験 スタンフォード大、教育用VRコンテンツを一般配信

2017/03/22 11:40 VR動画

VRはどう使われているか?医療分野のVR活用事例紹介

2017/03/22 11:40 テック