デイリーランキング

HTC、新型VRヘッドセットVIVE COSMOSの発売日等の発表を予告

VIVE

2019/06/14 01:43

人の目レベルの超高解像度VRヘッドセット「VR-1」 国内販売開始、9月から

テック

2019/06/13 12:30

日本HPが新VRヘッドセット「Reverb」発売 PC向けで片目2K、価格は63,500円

Windows MR

2019/06/13 15:42

メガネ型MRデバイス「nreal light」実証実験にメルカリが参画、KDDIの第一弾パートナーに 

業界動向

2019/06/14 18:30

Oculus Quest、好調なスタートか 発売2週間でソフト売上が5億円突破

Oculus Quest

2019/06/12 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR/AR/MR業界キーパーソンやVTuberが振り返る2018年と今年の展望、ARで「モデルのいないファッションショー」 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2018年が終わりを告げ、新たな年がやってきました。振り返ってみると、VTuber(バーチャルYouTuber)ブームに始まり、様々なデバイスの発表・発売や新たな技術の登場、そして数々の企業や自治体でのVR/AR/MR活用など、“バーチャルなもの”が着実にわたしたちの日常へと浸透しつつあることを感じさせる、そんな一年であったように思われます。

新年に一足遅れてとなりますが、本記事では2018年12月最終週、そして2019年1月第1週に掲載したニュースから、注目記事をピックアップ。VR/AR/MRの「いま」を、皆さんにギュッと縮めてお届けします。

レーダーで細かいジェスチャ操作が可能に Googleの新技術が認可

Googleの研究開発プロジェクト「Soli」によるレーダーベースのモーション認識センサが、米国の連邦通信委員会(FCC)に認可されました。将来的にタッチパネルを使わない操作が可能になるのではないかと期待されます。

この技術は他の電子機器への干渉を理由に認可が行われていませんでしたが、Facebookと共同で異議申し立てを行い、これまで許可されていた上回る(しかしGoogleの初期の要望より控えめな)出力での認可を取りつけることに成功したとのこと。

この認可を受けたことで、「Soli」のこの技術は製品への組み込みが可能となりました。今後どのような形の実装が行われるのか、注目が集まります。

レーダーで細かいジェスチャ操作が可能に Googleの新技術が認可

レーダーで細かいジェスチャ操作が可能に Googleの新技術が認可

MoguraVR

HoloLensが在庫切れ 次世代モデル登場はあるのか

米陸軍や多くのビジネスシーンで取り入れられつつあるマイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」が、在庫切れによる販売停止となっていることが分かりました。販売が停止となっているのはHoloLensの開発者向けモデルです。

これを報じた海外メディアは販売停止の理由として、次世代版HoloLensの開発が終了し、その発表が間近に迫っている可能性を挙げています。

HoloLensが在庫切れ 次世代モデル登場はあるのか

HoloLensが在庫切れ 次世代モデル登場はあるのか

MoguraVR

ARでモデルのいないファッションショー、イランで開催

2018年12月にイランの首都テヘランで、AR(拡張現実)を活用したファッションショーが開かれました。このファッションショーの特徴は、モデルがキャットウォークを歩かず、服だけがキャットウォークを歩いているように見えるというもの。その斬新さから話題を集めています。

こうした形での技術活用は、イランのファッション業界に対してポジティブな影響を与えることに加え、イラン国内で女性向けファッションを展示しやすくする効果が期待されています。その一方で、「より一層強い、女性への抑圧となるのではないか」との懸念も存在しているとのこと。

ARでモデルのいないファッションショー、イランで開催

ARでモデルのいないファッションショー、イランで開催

MoguraVR

ドワンゴがVRライブ演出・制作のラテグラへ出資、VR事業の拡大推進

株式会社ドワンゴは、AR/VRやモーションキャプチャー技術などを用いたライブ体験を提供する株式会社LATEGRA(ラテグラ)へ出資する旨を発表しました。ラテグラへの出資を通して、ドワンゴグループのVR事業の拡大を推進していくとのこと。出資額は非公開となっています。

ドワンゴがVRライブ演出・制作のラテグラへ出資、VR事業の拡大推進

ドワンゴがVRライブ演出・制作のラテグラへ出資、VR事業の拡大推進

MoguraVR

映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(前・後編)

2018年12月4~7日に東京国際フォーラムで行われた、CGとインタラクティブ技術を扱う世界最大のイベント「SIGGRAPH Asia 2018」。今回もVR/AR関連の話題・展示が数多く登場しています。本イベントにおいてゲームエンジン「Unity」を開発するユニティ・テクノロジーズ・ジャパン社は開発者らを招待し、Unityで制作された作品の舞台裏などを語る講演会を開催しました。

本記事では実際の撮影事例やサンプルが多数紹介された講演、およびバーチャルカメラを利用した映像制作の可能性について語られた記者会見の様子をレポートしています。

映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(前編)

映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(前編)

MoguraVR

映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(後編)

映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(後編)

MoguraVR

「少なくとも誰かが愛するものを作れ」Oculusを支える伝説のプログラマーからのメッセージ

2012年のクラウドファンディング以来、Oculus社はVR業界を牽引しています。そのOculus社で2013年からCTOを務めているのがジョン・カーマック氏。カーマック氏は「Doom」「Quake」といったゲームのメインプログラマーを務め、FPSというゲームジャンルそのものを築いた、伝説的なプログラマーとして知られています。

2018年10月、ジョン・カーマック氏はVR開発者に向けたコメントをFacebookに投稿しました。本記事ではそのコメントを翻訳・紹介します。

「少なくとも誰かが愛するものを作れ」Oculusを支える伝説のプログラマーからのメッセージ

「少なくとも誰かが愛するものを作れ」Oculusを支える伝説のプログラマーからのメッセージ

MoguraVR

特別編:2018年振り返り記事

Mogura VR/MoguLiveでは、年末企画としてVR/AR/MR/VTuberに関する2018年の振り返り記事を掲載しています。テーマは広く「2018年はVR/AR/MR/VTuberにとってどのような1年だったのか?」。各記事では今年1年のあいだに発売されたVR/AR/MRデバイスやVTuberブームの流れ(前編後編)、VRゲームを中心としたコンテンツについて振り返りました。

【年末企画】2018年のVR/AR/MRデバイスを振り返る

【年末企画】2018年のVR/AR/MRデバイスを振り返る

MoguraVR

【年末企画】2018年のVRゲーム・VRコンテンツを振り返る

【年末企画】2018年のVRゲーム・VRコンテンツを振り返る

MoguraVR

2018年、VTuber急成長の年に起きたことを振り返る【1~6月編】

2018年、VTuber急成長の年に起きたことを振り返る【1~6月編】

MoguraVR

2018年、VTuber急成長の年に起きたことを振り返る【7月~12月編】

2018年、VTuber急成長の年に起きたことを振り返る【7月~12月編】

MoguraVR

また、VR/AR/MR/VTuber業界のキーパーソンらからのコメント、そしてVTuberからの新年の展望や2018年の振り返りなども併せて掲載しています。

【VTuber業界編】キーパーソン20名が語る2018年と2019年

【VTuber業界編】キーパーソン20名が語る2018年と2019年

MoguraVR

VTuber34名が語る!2018年と2019年

VTuber34名が語る!2018年と2019年

MoguraVR


【Mogura主催のイベント情報】
VTuber活用丸わかりセミナー 東京 第1回(6/19)
VTuber活用丸わかりセミナー 京都(6/28)
VTuber活用丸わかりセミナー 東京 第2回(7/5)


部屋の中で陽子と陽子が衝突 ヒッグス粒子発見の瞬間をARで体験

2019/01/07 08:00 AR/MR

日産、AR活用の運転支援技術を発表 周囲の情報提供や3Dアバターで運転サポート

2019/01/07 08:00 AR/MR
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集