デイリーランキング

NTTドコモ、スマホ向けの広視野角VRゴーグルを開発 「軽量かつ安価に製造可能」

テック

2019/04/17 17:04

プレステ次世代機に現行PSVR対応 発売は2020年以降

PSVR

2019/04/18 11:30

日本初の超高精細VRデバイス展示も行われた「VR/AR/MR ビジネス EXPO 2019 OSAKA」レポート

活用事例

2019/04/17 18:00

まるで飛び出す絵本のよう。ジャックダニエルの「ARでウィスキーの歴史を知るアプリ」

活用事例

2019/04/17 11:30

【講演レポ】バンダイナムコアミューズメント「VR ZONE」チームが振り返る、施設型VRの3年間

業界動向

2019/04/16 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

米企業、VR使い宇宙旅行のトレーニングを3日間で完了へ

宇宙旅行ビジネスを手掛ける米国のVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)社は、宇宙旅行客のトレーニングにVRやARを活用しようとしています。特別な訓練を積まなくても、VRを使った3日間のトレーニングだけで宇宙に行けるというものです。

VRはマーケティングだけではない

メディアTechRadarの取材に対し、ヴァージン社のクリエイティブリーダー、Tom Westray氏は次のようにVR活用計画を語りました。

「我々は、(VRは)将来大きな存在になると理解しています。それはマーケティングやイベントの用途だけではありません。宇宙飛行士の訓練に導入して、顧客のトレーニングを助けるものになります」

苦にならない訓練、4日目には飛行可能

同社の宇宙旅行に参加する人は、何年も訓練を積んだ宇宙飛行士ではありません。旅行代金25万ドル(約2,700万円)を支払った、一般の人々です。

現時点で、宇宙旅行の日程はまだ予定されていません。しかしヴァージン社は、フライトが出来るようになり次第、VRを使った短期間のトレーニングを開始するとしています。

Westray氏によれば、参加者は同社の宇宙船基地に4日間来ればよいとのこと。3日間のトレーニングを行い、4日目には飛行可能になります。
「映画で見ているような過酷な訓練ではありません。人々は楽しく時間を過ごすことができます。VRは確かに、我々にとって新しいページを開くものだと考えています」とWestray氏は話しました。

ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行が実現する日は決まっていません。しかしその日が来れば、VR技術の新しい一幕も体験することができることでしょう。

VRを宇宙飛行の訓練に使う取組は、すでにプロの宇宙飛行士向けにも導入されています。ボーイングの宇宙船操縦訓練NASAの育成プログラムなどです。

また宇宙をテーマにしたVR作品は多く登場しています。イギリスの放送局BBCは、自宅で宇宙飛行士の訓練ができるVRシミュレーション「Home – A VR Spacewalk」を制作しています。コンテンツは現在もOculus StoreSteamで無料で配信中です。

(参考)
TechRadar




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

司会は「にじさんじ」メンバー 視聴者参加クイズが3日連続開催

2018/05/25 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

ホロラボとイトーキ、HoloLens活用の遠隔会議システムを開発

2018/05/25 19:30 活用事例